この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】窮地乗り越え、接戦制した中村がギグリオ破りWSOF-GCフライ級王者に

<WSOF-GCフライ級王座決定戦/5分5R>
中村優作(日本)
Def.3-0:49-46.49-46.48-47
ローレンス・ギグリオ(米国)

左ローを入れて離れた中村。左から右と中村がローを続け、ギグリオは左を伸ばす。続く左に距離を取る中村は左ローを蹴っていく。そのローに右ボディを返すギグリオが前に出てきたところで右フックを中村が入れる。慎重な両者、中村は左右のローを蹴っていく。ギグリオの左ジャブをかわして、右ローを中村が当てる。間合いをいったん外したギグリオの振りが大きくなる。

右から左を放った中村に組んだギグリオが左腕を差し上げる。と、ディグリオの眉間がカットしておりドクターチェック。再開後、ケージ中央で再開されると中村は左から右も、空振りに。右ローを続けた中村、最後に強烈な勢い右ローを蹴り込んだ。

2R、中村は右ローのフェイクから左ミドル。もう一発左ミドルを当てて、ギグリオの右をかわす。パンチを振るいながら前に出てくるギグリオに左ミドル、前進を阻む中村。距離を詰めることができないギグリオに対し、中村は左ミドルを続ける。一瞬両者が前に出てパンチが交錯。すぐに離れた両者の神経戦が続く。

右ローを中村が重ね、ギグリオの前進にワンツーを入れ、続いて右も入る。距離が近付いくと、パンチを被弾する場面が増えたギグリオの振りが大きい。意識して呼吸する中村に対し、ギグリオが右オーバーハンドも踏み込みが弱くなってきた。

3R、距離を詰めてきたギグリオに組みついた中村が、ケージに押し込む。右をコツコツと入れるギグリオが、ヒザも見せる。ブレイク後、中村は右に回りながら左ミドル、ギグリオの前進をサークリングでかわす。中村が前に出ると、ギグリオもパンチを入れる。中村は右を放って距離を詰めると、ギグリオがギロチンから引き込む。クローズドからケージを蹴って絞めるギグリオ、中村は気道を確保し頭を抜きにかかる。

再び極めに掛かったギグリオがスイープを仕掛け、ギロチンこそ抜けたが中村はマウントを許しネルソンで固められる。首が直角近くなった中村は、個々を逃れたところでトップから勢いのあるパウンドを被弾。背中を見せた状態で3Rが終了した。

4R、上下の動きが大きくなった中村に対し、ギグリオが思い切り左右のフックを振るっていく。中村は右ロー、間合いを外しローを繰り返す。前に詰めてくるギグリオ、中村はローを蹴る。組みの仕掛けも疲れが顕著な中村が、足を滑らせるシーンも。

右ロー、続いて左ミドルを狙った中村は、左を空振りして左フックを受ける。ギグリオが左フックを当て、前に出る。中村は右ボディストレート、そしてローを蹴っていく。左を再び当てたギグリオ、中村ともにパンチが大きくなった。

最終回、初めの2Rは微差で中村、3Rは明白にギグリオ。4Rも微妙で勝負の5分間、中村は右を被弾する。中村は右ローを返すが、拳を当てない。と、足払いを仕掛けた中村は離れて左ジャブを当てる。ギグリオの前進に、間合いを外した中村が右ローを続けるがギグリオは効いた素振を見せない。鋭いローは入る中村、これはさすがにギグリオもアクションを見せる。

左ハイが顔面を掠めたギグリオがテイクダウンを仕掛ける。中村も差し上げテイクダウンの形から続く攻防でバランスを崩し、右を受ける。ここでギグリオをケージに押し込んだ中村は自ら離れ、左ジャブ。ギグリオが右フック、中村は右ボディストレートを入れる。残り1分、右ボディを決めた中村が続いて左ハイを狙う。距離を詰めたギグリオに組んだ中村、ここも自ら離れ右ストレートから残心を取るシーンも。

前に出てパンチを振るうギグリオ、中村も応戦しタイムアップに。最終回は中村が取ったと思われるが、3Rは10-8もあり得る──。結果、ジャッジ3者とも中村を支持し、涙の中村の腰にベルトが巻かれた。

「応援ありがとうございました。皆さんの力で勝つことができました。僕らは世界に出て頑張っているで、地上波に出ている選手以外も目を向けてくだい」とコメントした中村に石原夜叉坊、涙の田中路教が厚い抱擁をした。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie