この星の格闘技を追いかける

【UFC81公開計量】レスナーのデビューにノゲイラ×シルビア

 (C) ZUFFA明日2日(土曜・現地時間)に迫ったUFC81「ブレーキング・ポイント」。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ×ティム・シルビアのUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦、WWEスーパースターだったブロック・レスナーのUFCデビュー戦=フランク・ミアー戦が行われ、日本から中村K太郎も参戦する同大会の公開計量が1日(金・同)、マンダレイベイ・イベンツセンターで行われた。

【写真】リアル・ディール。レスナーのの実力のほどが明日、明らかになる (C) ZUFFA

ヘビー級の2試合に出場する4名は、それぞれティム・シルビア(261ポンド=118.3キロ)、ノゲイラ(237ポンド=107.5キロ)、ミアー(255ポンド=115.6キロ)、レスナー(265ポンド=120.2キロ)で計量を終えている。


スーパーボウル・ウィークエンドのお祭り騒ぎのベガス、UFCはこの時期に1年の指針となる重要なマッチメイクを持ってくるのが、その常だ。そして、今回の大会で最もプッシュされているのはブロック・レスナーであることは間違いない。かつて「日本のMMAはなぜ、プロレスラーをリングに上げる?」と批判してきたズッファ首脳陣が、レスナーに力を入れるのはやはりヘビー級の強いアメリカを象徴するファイターの誕生を心待ちにしてきたからに他ならないだろう。

ランディー・クートゥアーがその役割を果たす前にUFCを離脱、ジョシュ・バーネットのUFC嫌いは有名なところ、そこで白羽の矢が立ったのがWWEのスター選手、バックボーンはレスリング、そして付け焼刃でなく、MMAファイター転向を宣言してからパット・ミレティッチの下で本格的にトレーニングを続けてきたレスナーだったといえる。

知名度は抜群、しかしMMAの経験は一度だけ、対戦相手は同じズッファ系列のMMAプロモーションWECの解説者を務め、柔術がベースの元世界ヘビー級王者にミアーだから、レスナーが勝てば「実力者」として認められ、彼が敗れてもWWEのスターを破ったという勲章がミアーに与えられる。勝敗の結果がどちらに転んで、ヘビー級の核が生まれるマッチメイクというわけだ。

レスナーを「リアルディール(本物)」という言葉でプッシュしてきたUFC、彼がどういう意味で本物なのかは、明日、明らかになる。

UFCデビュー戦のレスナーにその話題を持っていかれているヘビー級暫定王座決定戦出場の二人。日本のファンにとってノゲイラ勝利は信じて疑いのないものだったのも、彼がUFCデビューを果たす昨年7月まで。ヒース・ヒーリングを相手に、よもやKO直前に追い込まれたノゲイラには、やはりオクタゴンでの経験不足という声が付きまとうようになった。

一方のシルビア、UFCにおいても不人気度の高いファイターだが、UFCだけでも12戦のキャリアを誇り、またノゲイラが未体験の5Rを3度も戦いに抜いている。ポテンシャル&アビリティのノゲイラ×エクスペリエンス&ストラジーのシルビア、勝負の行方は果たして。

日本から3度目の参戦となる中村K太郎、これまでUFCファイトナイトで2度ウェルター級ファイターとして戦ってきたが、この試合からライト級転向を果たす。

複数契約を更新したK太郎だが、この試合で勝つと負けるとでは、今後のランクから対戦相手まで変わってくる。イベント数が増加したUFCで、員数合わせのファイターとなるのか、タイトルを狙う位置を目指す精鋭の仲間入りを果たせるのか。対戦相手のロブ・エマーソンはTUFシーズン5に出演しており、そこそこの知名度を誇っている実力者だ。

いかにテイクダウンを許さず、また許しても非凡なグラップリングのセンスで態勢を挽回できるのか。スタンド決着の可能性も高いK太郎がUFC三度目の正直に挑む。

この他の対戦では、やはりカムバックを果たすミドル級勢が気になるところだ。昨年7月に王座挑戦に失敗、仕切り直しの一戦に挑むネイサン・マーコートは、ライトヘビー級だが王座挑戦歴を持つジェレミー・ホーンと対戦。シビアで厳しい復帰戦となる。

一方、実に6年ぶりのオクタゴン復帰となるヒカルド・アルメイダ。対戦相手が直前にUFCミドル級戦線中堅のアラン・ベルチャーから、初出場のロブ・ユンツに変わってしまったが、タイトル戦線浮上が期待できるようなパフォーマンスを見せることができるか、大いに注目が集まる。

■ヘビー級戦以外の計量結果は以下の通り

・ミドル級
ジェレミー・ホーン:185ポンド(83.9キロ)
ネイサン・マーコート:185ポンド(83.9キロ)

・ミドル級
ヒカルド・アルメイダ:185ポンド(83.9キロ)
ロブ・ユンツ:185ポンド(83.9キロ)

・ライト級
グレイソン・チバウ:156ポンド(70.7キロ)
タイソン・グリフィン:155ポンド(70.3キロ)

・ウェルター級
カイル・ブラッドリー:170ポンド(77.1キロ)
クリス・ライトル:170ポンド(77.1キロ)

・ライトヘビー級
ティム・ブッシュ:205ポンド(92.9キロ)
デビッド・ヒース:205ポンド(92.9キロ)

・ミドル級
マービン・イーストマン:185ポンド(83.9キロ)
テリー・マーティン:186ポンド(84.3キロ)

・ライト級
中村K太郎:155ポンド(70.3キロ)
ロブ・エマーソン:155ポンド(70.3キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie