この星の格闘技を追いかける

【Glory28】グレゴリアン、またも届かず――挑戦権はシッティチャイの手に

<ライト級コンテンダーT決勝/3分3R>
シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ/1位)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マラット・グレゴリアン(ベルギー/5位)

まずは右ジャブを多用し、左ミドルを放ったシッティチャイ。グレゴリアンは果敢に右フックを振るっていく。ワンツー&右ハイとコンビネーションを見せたグレゴリアンに対し、シッティチャイは左ヒザ、右ミドル、そして左ストレートを伸ばす。前蹴りから左ヒザを繰り出すシッティチャイに対し、グレゴリアンは右ロー&左フックで前に出る。左ストレートと左ミドルにも距離を詰めるグレゴリアンだが、右アッパーを顔面に受ける。

シッティチャイは左ストレート、左ミドル、そして左ヒザと得意の攻撃を仕掛けたが、グレゴリアンはフックの連打で前に出て、右から左とフックを打ち込みシッティチャイをロープに詰めて動きを止めるシーンを見せた。

2R、ショートの連打に続きヒザを見せたグレゴリアンに対し、シッティチャイもパンチで対抗。絶妙のタイミングで左前蹴りを入れる。グレゴリアンは右の蹴り、左フックで距離と詰める。一瞬の首相撲でヒザを出し、右フックを打ち込んだグレゴリアン。シッティチャイはアッパーで反撃に出て、パンチの攻防でも連続で拳を打ち込む。パンチ終わりで左ミドルを蹴りこんだシッティチャイだが、グレゴリアンもショートでワンツーフックを打つなど譲らない。首相撲のタイミングでフックを入れるグレゴリアン。左フックを受けてシッティチャイの体が揺れる場面も。

最終回、前に出るグレゴリアン。シッティチャイの左ハイにも距離を潰していく。シッティチャイは左フックを入れ、左ミドル。グレゴリアンのボディにヒザを入れると、左ローから再び左ヒザをシッティチャイが突き上げる。グレゴリアンは右フック、シッティチャイのクリンチが目立ってくる。そのシッティチャイは左ストレートを入れ、グレゴリアンは右ローを返して、左フックを伸ばす。残り10秒で左ヒザ、左ミドルを放ったシッティチャイはゴングと同時に左手を高々と突き上げた。

延長戦突入が濃厚な雰囲気のなか、両者がリング中央に呼ばれる。コールは3-0でシッティチャイに。勢いでなく精度を重視した裁定は、昨年11月のミラノ大会における世界戦で判定負け喫した際とは評価基準が明らかに違うようだった。「今日の動きはとても良かった。ロスマーレンと次に戦う時はKOする」とトーナメント優勝、ロビン・ファン・ロスマーレンへの挑戦権を獲得したシッティチャイは語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie