この星の格闘技を追いかける

【Bellator150】全局面でもどかしい、もう一つがない戦い。コンゴがケイロスからスプリット勝利

<ヘビー級/5分3R>
シーク・コンゴ(フランス)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
ヴィニシウス・ケイロス(ブラジル)

互いにジャブとローを見せる序盤、コンゴがケージを背にする。右を振るってコンゴが前に出てくると、ケイロスが下がる。再びケージを背負ったコンゴは、右ストレートに組みつき離れ際に拳を振るうも空振りに。コンゴは左前蹴りを繰り出すが、ケイロスは距離をジリジリと詰める。ここでもコンゴは右ロー、ケイロスが右オーバーハンド。コンゴが組んでケージに押し込むが、体を入れ替えたケイロスが小外掛けから尻餅をつかせる。コンゴの立ち上がり際にケイロスも離れ、スピ二ングバックフィストを狙う。ダブルレッグで飛び込んだコンゴ、ブーイングのなか初回が終わった。

2R、コンゴが左右のローから距離を詰めてフックの連打を見せる。ケイロスが打ち返し、フックを被弾したコンゴの勢いが止まる。ケージを背にしながら左ローを連続で蹴り、右ローから右前蹴りを繰り出すコンゴに対し、ケイロスは前に出るだけで手数が圧倒的に少ない。そのケイロスのスピニングバックフィストが空振りとなったが、直後にダブルレッグでテイクダウンに成功。ケイロスはハーフガードからボディにパンチを入れ、コンゴが頭を引き寄せる。もう一本の足が抜けないケイロス、残り10秒でブレイクが命じられたものの、その後は当然のように動きはなかった。

3R開始直後のパンチの交換から、ダブルレッグを決めたケイロス。ケージ際に移動していくと、ようやくパウンドを見せる。しかし、抑えがルーズになりコンゴは左ワキを差して立ち上がる。パンチを見せて組んだコンゴ、ケイロスを金網に押し込んだが動きがなくブレイクに。直後の打撃戦でケイロスの右フックを受けたコンゴがダウン。飛び込んだケイロスはフルガードの中に収まり、足を一本抜いていく。ワキ差しパスの要領で抑え重視のケイロスに対し、レフェリーがまたも残り10秒でブレイクを命じる。両者、もう一歩が踏み込めないファイトは、コンゴがスプリットで判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie