この星の格闘技を追いかける

【Pancrase270】フェザー級王座防衛戦前のナム・ファン「キムラ・マサヒコが最初の総合格闘家」

Nam Phan【写真】パンクラスのベルトと木村政彦Tシャツ。That’s Japanese MMA (C)MMAPLANET

4日(日)に東京都江東区ディファ有明で開催されるPancrase 270。メインはアンディ・メインの挑戦を受けるKOPフェザー級チャンピオンのナム・ファンの話を調印式直後に訊いた。

木村政彦Tシャツの着用にも表れた、J-MMAへの想いがパンクラスへの拘りに通じているキング・オブ・パンクラシストだ。

──そもそもパンクラス王者となった時にナムの話を聞いていなかったのですが、ナムにとってパンクラスの王者になるということは、どのような意味があったのでしょうか。

「凄く大切なことだよ。特に僕のような古い世代のファイターにとってはね。バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、ガイ・メッツァー、ジョシュ・バーネットが戦っていた場所だよ、パンクラスは」

──アンディ・メインはWSOFとBellatorのオファーを蹴って、伝統あるパンクラスのタイトル戦を選んだと言うと同時に、最終目標はUFCとも言っています。それは今の流れで当然の考えだと思いますが、既にUFCやベラトールで戦ってきたナムは、また違う考えがあるのではないですか。

「彼はウソツキ、でも正しい判断だ。ステップボードだよね。UFCへ行くための。そして、僕のことを軽んじている。パンクラスという伝統あるプロモーションで、僕に勝つことは彼のステップアップに役立つ。スマートだよ。凄く若いファイターならベラトールやWSOFに行くのも有りだろう。でもパンクラスのベルトを巻くという意味合いは大きいモノだよ。僕のようにJ-MMAで育った人間にとっては。ホントノ・イケンデス」

──ところで両者が立ち上がって並ぶと、アンディの大きさが際立っていました。

「大きいんじゃないよ。背が高いだけで。細いよ。彼は背が高くて細い。背は低いけど、大きいのは僕だよ」

──では彼の背の高さはアドバンテージにならないですか。

「もちろん、アドバンテージになるケースもあるよ。ただし、スピードが足らない。僕にはスピードとスタミナがある。そこを武器に戦う。どうなるか、試合で確認して欲しい」

──分かりました。ところで、以前は試合前にアルファメールで出稽古を行っていましたが、最近は行くことはないのでしょうか。

「あの時は友人がサクラメントに住んでいたから、ホテル代も食費も掛からなかった。彼が引っ越してしまったので、サクラメントに滞在するのはお金がかかってしまうんだ。僕はそれほど、リッチなファイターじゃないからね(笑)。UFCで戦わない限り、地元で練習することになるだろう。それでもサブ・ファイターでも出稽古ができるし、プロボクサーや黒帯の柔術家がいるから、ちゃんとやっていける。それも試合で確認してほしい(笑)」

──そういえば今日は木村政彦Tシャツを着ていますね。

「キムラ・マサヒコが、最初の総合格闘家だよ。米国人は知らないけど、柔道には投げ技だけでなく寝技もあった。ただし、第二次世界大戦後、柔道から寝技は廃されていった。キムラはエリオを大外刈りで投げて、腕絡みを極めた。グレイシーがMMAのルーツじゃない。マサヒコ・キムラがパイオニアだよ。マイ・ヒーローだよ。そして彼は日本人なんだ。だから、僕にとってパンクラスのベルトは重く、日本のファンの前で戦うことは大切なんだ。分かるよね?」

■PANCRASE270対戦カード

<フェザー級/3分3R>
渡慶次幸平(日本)
林大陽(日本)

<バンタム級/3分3R>
小宮稔大(日本)
清水悠生(日本)

<バンタム級/3分3R>
村田康大(日本)
大橋悠一(日本)

<バンタム級/3分3R>
田中千久(日本)
論田愛空隆(日本)

<フライ級/3分3R>
上嶋佑紀(日本)
中村龍之(日本)

<フライ級/3分3R>
小林優(日本)
渋谷和樹(日本)

<ストロー級/3分3R>
田丸慶介(日本)
児玉勇也(日本)

<KOPフェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] ナム・ファン(米国)
[挑戦者] アンディ・メイン(米国)

<KOPウェルター級選手権試合/5分5R>
レッツ豪太(日本)
鈴木槙吾(日本)

<フェザー級/5分3R>
ガイ・デルモ(米国)
牛久絢太郎(日本)

<ライト級/5分3R>
アキラ(日本)
ジョシュ・スミス(米国)

<ライト級/5分3R>
石川英司(日本)
ドミニク・ロビンソン(米国)

<バンタム級/5分3R>
ビクター・ヘンリー(米国)
福島秀和(日本)

<女子バンタム級/3分3R>
コリーン・シュナイダー(米国)
ブリアナ・フィソリ(米国)

<フライ級/5分3R>
古賀靖隆(日本)
神酒龍一(日本)

<ウェルター級/5分3R>
村山暁洋(日本)
窪田幸生(日本)

<フライ級/5分3R>
荻窪祐輔(日本)
清水俊一(日本)

<バンタム級/3分3R>
CORO(日本)
瀧澤謙太(日本)

<バンタム級/3分3R>
なおKING(日本)
神田T800周一(日本)

<ストロー級/3分3R>
北方大地(日本)
リトル(日本)

<ライト級/3分3R>
太田駿平(日本)
林源平(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie