この星の格闘技を追いかける

What’s about MMAPLANET

2009.01.30


■MMAPLANETとは――?

2005年、TUFシーズン1の成功により、UFCが爆発的な人気を博すようになった。

実際のところ、この人気が急上昇する以前、2000年末のズッファによるUFCの買収から、UFCを巡る風景は変化しつつあった。

タイムズ・スクエアに面したスポーツカフェで行われた、プレスカンファレンスと公開計量。PPVの復活やラスベガス進出という大枠に付随した、細かなディテイルの変化――、2001年、UFCは確かな変革の時を迎えていた。

ただし、その変化は太平洋を越えて伝わってくることはなかった。

PRIDEというプロモーションが興した一大総合格闘技ブーム。

アスレチック・コミッションによる厳正な公開計量、ステロイドとドラッグ・テストなど、MMAがスポーツとして、カジュアル・ピープルの支持を集めるための種まき作業を、格闘技専門誌でさえ、隅に追いやっていた。

UFCが、米国民に認められた2005年、PIRDE無差別級GP決勝大会で日本の総合格闘技ブームはピークを迎えた。

海の向こうにある凄いもの――、それは何もPRIDEが活動停止したことで、生まれた現象ではない。

それ以前から、既に兆しがあり、PRIDEが活動していても、この惑星の一方の総合格闘技の頂点として、存在を確かなものにしていたに違いない。

結果的にPRIDE戦士を取り込むことで、UFCはMMAのメインストリームとなり、その成功に付随するように、その他のMMAプロモーションにも資金が流れ込むようになった。

バブルのように消えていったプロモーションももちろん、存在する。同時に米国のMMAブームは、各国に波及し、多くの国に影響を与え、化学反応を起こしている。

海の向こうに凄い世界がある――、なら、それを伝えよう。

世界を知ることで、日本を知ることができる。

世界を知ることは、日本のアイデンティティを失うことではない。

世界で起こることを、可能な限り、オン・タイムで伝える。

そのことが、日本の格闘技界で特別でない日を迎えるために、MMAPLANETは活動を開始します。

その準備に、1年半の時を費やしました。

2009年1月30日までのMMAPLANETは、母親の羊水の中で育っていた胎児のようなもの。今日のこの日より、MMAPLANETは大地に降り立つ――誕生日となります。

つまり、まだ首も座っていない赤子。それがMMAPLANETの実態です。これから、MMAファンの皆さんの力をお借りして、健やかに成長していきたい所存です。



■リンクについて
当サイトのトップページおよび記事へのリンクは原則自由となります。事前のご連絡は必要ありません。

■記事の引用について
当サイトに掲載されている記事の引用は、商用目的でのご利用を除き、引用元の記事のタイトル、記事リンク(URL)を併記して頂くことで、事前のご連絡等は不要となります。

ただし、いかなる場合においても、記事の全文掲載や画像の使用、商用を目的とした利用については禁止とさせていただきます。

■雑誌・映像メディアへの掲載について
インターネット以外の各種メディアへの掲載につきましては、事前にメールによるご連絡をお願いしております。

■広告掲載について
当サイトへの広告掲載、スポンサー提携、記事の配信等は随時募集しています。広告掲載についてのお問い合わせは、お気軽にメールにてご連絡下さい。

■サイトの改訂について
当サイトの内容やデザインは、予告無く改訂する場合がありますのでご了承下さい。

■MMAPLANETへのお問合せ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie