この星の格闘技を追いかける

【UFN59】……、ビミョ~な判定でベンドレッドがスペンサーを下し、アイルランド軍団2連勝

<ウェルター級/5分3R>
カホル・ペンドレッド(アイルランド)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28,
ショーン・スペンサー(米国)

アイルランド軍団から2人目ペンドレッドが登場、米国人のスペンサーにブーイングが起こる。距離を詰めて組み付いたペンドレッドが、スペンサーをケージに押し込む。ダブルでペンドレッドがテイクダウンを奪うと、場内は早くも大爆発。ケージを背にして立ち上がったスペンサーを再びケージに押し込んだペンドレッドだが、ここでは自ら離れる。右ストレートを伸ばすスペンサー、3発目を被弾したペンドレッドがダウンする。

起き上がったペンドレッドだが、足元がおぼつかない。ここでペンドレッドが組んでケージにスペンサーを押し込み、息を整える。自ら距離を取り直したペンドレッドは、スペンサーの右にテイクダウンを合わせて尻餅をつかせる。ケージを背にして起き上がったスペンサー、離れ際に左ミドルを蹴り込む。初回はスペンサーのラウンドとなった。

2R、ペンドレッドは右アッパーから左ハイキック、再度ライトアッパーを放つ。対してスペンサーは左ジャブを伸ばし、右ストレートを振るっていく。さらに左フックがペンドレッドの顔面を掠める。スイッチから左ハイを繰り出すペンドレッドだが、スペンサーの左ジャブを顔面に被弾する。ボディから顔面とロングフックのスペンサーに、ペンドレッドはアッパーの使用頻度が高い。右の大きな振りのフックをヒットされたペンドレッドが、組んでバックを窺う。リフトからテイクダウンを取ったペンドレッドがサイドから頭をまたいでキムラロックへ、シザースで頭を挟み、腕関節を仕掛けるペンドレッド。頭を抜いたスペンサーが素早くスタンドに戻り、2Rが終了した。

最終回、ペンドレッドはテイクダウンをスプロールされた直後に右ローを入れる。両者揃ってスピードが落ち、動きに切れがなくなる。それでもペンドレッドは左フックをヒット、手数でスペンサーを上回るように。中盤、手数が減ったペンドレッドに対し、スペンサーも動きが少ない。残り90秒を切り、シングルからスペンサーをケージに押し込んだペンドレッドだったが、ここでも自分から離れる。直後にシングルでテイクダウンを奪ったペンドレッドが、スペンサーが起き上がり再度距離を取り直すと試合はタイムアップに。結果はダウンを喫したベンドレットに2人のジャッジが30-27をつけ、ペンドレッドが判定をモノにした……。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie