この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX13】大流血のミショーが、ホワイトリーから3-0の判定勝ち

<ライト級/5分3R>
デビッド・ミショー(米国)
Def.3-0:30-27,29-28,29-28
ギャレット・ホワイトリー(米国)

ミショーのローに対し、ホワイトリーは左ジャブから右フックを放つ。ホワイトリーも右ローを放ち、ミショーの前進にカウンターを狙っていく。距離を詰めたミショーが組みつくもホワイトリーがヒザを入れる。それでもミショーは前に出て右アッパーを放つ。右に回りながらローや左フックを放つホワイトリーは、左ミドルから右ミドルを繰り出す。

回転系の蹴りを見せたミショーだが、細かいホワイトリーのパンチを被弾するシーンも。ホワイトリーのテイクダウン狙いをスプロールした直後にミショーが右から連打を打ち込む。動きの止まったホワイトリーにすかさずテイクダウンを決めたミショーは、立ち上がり際に右アッパーを決め、終盤の攻勢でラウンドをモノにしたか。

2R、細かいジャブの応酬からミドルを蹴ったミショーが、ホワイトリーの前蹴りでバランスを崩す。直後に距離を詰めてワイルドなフックからミショーがテイクダウンにつなげる。そのままサイドを取ったミショーだが、ホワイトリーの下からのエルボーで右目尻をカットし、大量の流血が見られる。それでもマウントを狙ったミショー、直後にホワイトリーがガードに戻す。ホワイトリーの胸が真っ赤に染まるほどの流血のミショーも、上からヒジを落す。ミショーは足を一本抜くと、ここでホワイトリーがエルボーを再び見せる。

ホワイトリーの腕十字狙いを担いでパスしたミショーがバックへ回り込む。ホワイトリーの動きに合わせてトップに戻ったミショー、流血しながらラウンドのほとんどでトップを取ったラウンドを終えた。

最終回、ミドルを蹴り合った両者。ホワイトリーのヒザ蹴りに、ミショーは右フックから左ジャブを入れ、右に繋げる。ホワイトリーが左ボディフック、さらに左フックから右を見せる。パンチの当たる距離で、パンチを被弾しては打ち返すという展開が淡々と続く。と、ミショーの右が決まる。ホワイトリーも右を返し、左ミドルから左ローとやや疲れた見えたミショーを攻める。直後にテイクダウンを奪ったミショーに、ホワイトリーのエルボーがまたも襲い掛かる。パス狙いのミショーにホワイトリーがバタフライガード、残り1分でレフェリーがブレイクを命じる。

戸惑いを見せたミショーがやや時間を掛けて立ち上がり、試合再開とともにダブルレッグを決める。そのままトップをキープしたミショーが、3-0で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN