この星の格闘技を追いかける

【UFN51】意外??  ジャッジは3者とも初回をトリナルドにつけ、シウバ惜敗

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
レアンドロ・ブスカペ・シウバ(ブラジル)

ブラジリアン決戦となった一戦、シウバはなぜか日本の鉢巻を巻いて入場する。サウスポーの両者、トリナルドが前に出て左フック。掻い潜ったシウバがボディロックからテイクダウンに成功する。シウバはパス狙いから、足を一本抜くとトリナルドは潜って、足を引いて柔術立ち、スタンドへ戻る。このままケージ際の組み合いが続き、レフェリーがブレイク。オーソに戻したシウバに、トリナルドが左ミドルを入れる。シウバは再びスイッチし、左フックをヒットすると目まぐるしく構えを変える。トリナルドのパンチを被弾し、ケージに押し込まれたシウバが小手投げ、スクランブルになりギロチンから引き込むも、トリナルドが頭を抜いたところで初回が終了した。

2R、トリナルドのワンツーに組みついたシウバがバックコントロールへ。起き上がったトリナルドがクラッチを剥がすも、両ワキを差してヒザをボティに突き上げる。そのまま寝技に持ちこんだシウバがバックマウントへ。片膝立ちのトリナルドにRNCを仕掛けると、腹這いになり背中を伸ばされたトリナルドが耐えきる。再びフェイスロック気味にRNCを狙ったシウバ、トリナルドが胸を合せてくるところで肩固めに移行するも、リバーサルを許しボディにヒザを受ける。起き上がってそのままの勢いでダブルレッグからテイクダウン、再度バックに回ったシウバがワンフックでRNCへ、タイムアップとなるも、完全にラウンドを取った。

最終回、ワンツーから距離を詰めてヒザ、左ハイを見せたトリナルドが、懸命にプレッシャーを与える。なかなか追い切れないトリナルドにシウバが右ジャブを返すも、ここでトリナルドが首相撲からヒザを蹴り込む。シウバのダブルレッグに強引なギロチンを仕掛けたトリナルドが、クビを抜かれると同時にオモプラッタへ。シウバは足を捌くも、トリナルドが正面からオモプラッタを続ける。左へ回り、腕を抜いたシウバに左ストレートを入れたトリナルドが、続いて左ストレートをヒット。

残り2分、シウバはテイクダウンを潰されケージに押し込まれると、ワンツーを返す。トリナルドも左ストレートを打ち込む。シウバはここでテイクダウンを奪いながら、ギロチンから引き込んで下になる選択をする。頭を抜いたトリナルドは腕十字を潰して鉄槌を落す。さらにハーフから左エルボーを落すが、タイムアップに。ジャッジの裁定は3者とも29-28でトリナルドへ。初回を3人ともトリナルドのラウンドとしたようだった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie