この星の格闘技を追いかける

UFC on FX「Maynard vs Guida」全試合結果&レポート

2012年6月22日(金・現地時間)、ニュージャージー州アトランティックシティ、レベルカジノでは、UFC on FX「Maynard vs Guida」が開催された。

大会名にもある通り、そのメインイベントでは、グレイ・メイナードとクレイ・グイダによる熾烈なライト級サバイバルマッチが組まれた。だが、試合は動きこそあるものの、手数の少ない立ち上がりとなり、慎重になったグイダに対して場内からはブーイングが起こる。

3R以降も、出入りを続けるのみで攻撃の少ないグイダ。4R残り1分で、ヒザを連打したメイナードが、ついにノーガードで距離を詰めるようになり、ここでグイダがテイクダウンに出ると、メイナードはそのままギロチンへ。グイダはスラムで2度、3度とメイナードを叩きつけるなど、場内は一気に盛り上がったが、最終回も前に出るメイナードとステップを踏むグイダの追いかけっこは続く。

最後はタイムアップとなり、判定の結果は、ジャッジ3者が48-47をつけ、メイナードの勝利に。グイダの握手を拒否したメイナードは、「俺は戦いに来たんだ」とフラストレーションをぶつけるかのように語った。

また、UFC3連勝をかけ、リカルド・ラマスと対戦した日沖発は、初回をテイクダウンやトップキープで優勢に進めるも、2Rは打撃&ギロチンでラマスが猛追。3Rもラマスは、蹴りを上下に散らし、パンチを日沖に当てつつ、テイクダウンはギロチンで迎え撃つなど、そのまま押し切る格好で、ジャッジは3者が29-28をつける判定勝利。日沖はタイトル戦が遠のく痛い敗戦となった。

第12試合 ライト級/5分5R
○グレイ・メイナード
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
クレイ・グイダ×
(米国)
第11試合 ライト級/5分3R
○サム・スタウト
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
スペンサー・フィッシャー×
(米国)
第10試合 ウェルター級/5分3R
○ブライアン・エバーソール
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
TJ・ウォルドバーガー×
(米国)
第9試合 フェザー級/5分3R
○カブ・スワンソン
(米国)
2R4分14秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
ロス・ピアソン×
(英国)
第8試合 フェザー級/5分3R
○リカルド・ラマス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
日沖発×
(日本)
第7試合 ライト級/5分3R
○ラムジー・ニジェム
(米国)
1R2分29秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
CJ・キース×
(米国)
第6試合 ウェルター級/5分3R
○リック・ストーリー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
ブロック・ジャーディン×
(米国)
第5試合 フェザー級/5分3R
○スティーブン・サイラー
(米国)
1R2分47秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
(試合動画)
ジョーイ・ガンビーノ×
(米国)
第4試合 ミドル級/5分3R
○クリス・カモージ
(米国)
3R1分51秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
ニック・カトーン×
(米国)
第3試合 ウェルター級/5分3R
○マット・ブラウン
(米国)
2R4分20秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
ルイス・ラモス×
(ブラジル)
第2試合 ウェルター級/5分3R
○ダン・ミラー
(米国)
3R3分12秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
(試合動画)
ヒカルド・フンチ×
(ブラジル)
第1試合 バンタム級/5分3R
○ケン・ストーン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
ダスティン・ヘイグ×
(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday