この星の格闘技を追いかける

【Challengers】コール、代役ジョーダンに辛勝

<ヘビー級/5分3R>
デヴィン・コール(米国)
Def.判定3-0
ショーン・ジョーダン(米国)

3日前に急遽出場が決まったジョーダンは、サウスポーの構えから左ジャブ、右ローを放っていく。組みついたジョーダンは、ドライブから左フックを打ち込んで、大外刈りでテイクダウンに成功する。

バックに回りついたジョーダンは、そのまま両足をフックしタスキ掛けからパンチを打ち込む。両ワキを差した形になったジョーダンに対し、コールは胸を合わせようする。ジョーダンはガードを一瞬とってから立ち上がるも、スタンドに戻ると、今度はコールがテイクダウンへ。

すぐに立ち上がったジョーダンは、距離を詰めるコールにアッパーを打ち込む。ケージにジョーダンを詰めて、パンチの連打からテイクダウンを狙うが、目測を誤ったコール。打撃戦になると、あまりパンチが見えていないコールに、ジョーダンがパンチを打ち込み、ラウンド終盤にも右足をキャッチした状態で、思い切り右を打ち込み、初回を戦い終える。


2R、笑顔を浮かべるジョーダン。コールは右のアッパーを見せるが、打撃戦ではなかなか踏み込めない。スクランブル発進でスタミナに難があるのか、ジョーダンの動きが重い。すると、スーパーマンパンチを打ち込んだジョーダンは、さらに右を合わせていく。コールのダブルレッグを切りきれないジョーダンは、テイクダウン後にパスを許し、背中にヒザを受ける。

サイドを取られたジョーダンは、体を入れかえシングルレッグからダブルレッグを仕掛ける。コールは頭を下げ、がぶりからバックに回り込む。ケージに押し込み、ジョーダンのボディにヒザを打ち込むコールは、バックをキープし、両足の間からボディにパンチを突き上げるという珍しい攻撃を見せ、2Rを取り返した。

最終回、なかなか距離がつまらない両者。パンチも単発になりがちだ。コールは前に出てヒザ、アッパーを見せるが、当たりは浅い。ここでジョーダンの右アッパーがヒットするも、コールはシングルを仕掛けると、ジョーダンのギロチンがすっぽ抜け、トップを奪った。

ハーフガードから左腕を捻るジョーダンは、巧みに足を利かせるが、北米ジャッジには評価されにくいポジションのまま試合を終えた。3日前に試合を受けたジョーダンのスタミナ切れにも助けられ、コールが3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie