この星の格闘技を追いかける

【UFC130】バラォンがエスコヴェドのUFCデビューを退ける

<バンタム級/5分3R>
ヘナン・バラォン(ブラジル)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
コール・エスコヴェド(米国)

“マスター・オブ・トライアングル”エスコヴェドのUFCデビュー戦の相手はWEC2戦2勝、名門ノヴァウニオン所属のバラォン。まずは左ハイキックを見せたエスコヴェドに、バラォンはフックの連打で前進し、そのまま担ぎ上げてテイクダウンに成功。エスコヴェドはバタフライからクローズドガード。そしてケージを蹴って頭を中に入れる。

インサイドガードから小さいパウンドを見せたバラォンにエスコヴェドが三角絞めを狙う。立ち上がったバラォンはスタンド戦を望んで、そのままブレイクを待つ。レフェリーの指示に従い立ち上がったエスコヴェドは、ジャンピングガードから引き込むようにグラウンド戦へ移行し、試合は再び寝技の展開に。

クローズドガードでガッチリと固めたエスコヴェドが下からエルボーを見せるが動きは少なく、レフェリーはここでブレイクを命じる。エスコヴェドは左ハイから左ストレートをヒットさせるが、バラォンに組みつかれてテイクダウンされた。エスコヴェドの腕十字狙いを2度に渡りカットしたバラォンだが、1Rはパスガードの素振りを見せることなく細かいパンチを落すにとどまった。


2R、エスコヴェドのローに対し、ボディーへフックを見せたバラォン。直後にエスコヴェドが右をヒットさせると、一瞬動きの止まったバラォンがテイクダウン狙いでダメージをごまかす。そのまま、テイクダウンに成功したバラォンだがエスコヴェドに足を利かせられて、ここでも寝技を嫌がって立ち上がる。前蹴りから左フックを見せるバラォンは下がりながらミドルを蹴ってきたエスコヴェドにパンチを合わせる。

右回りで下がりつつも鋭い蹴りを見せるエスコヴェドは、ここでもバラォンに組みつかれテイクダウンを許してしまう。左へパスを狙ったバラォンにエスコヴェドはフックガードで固定し、下からエルボー。バラォンはエルボーを落して、続いて鉄槌も見せたが、ここでもレフェリーがブレイク。スタンドに戻ると、バラォンの左右のフックにエスコヴェドが組みつくも、腰をコントロールしたバラォンが再びテイクダウンを狙う。

ここでエスコヴェドはジャンピングガードから引き込みを見せ、ラウンド終了間際に腕十字を仕掛けたが、現代MMAのスコアリングを考慮しない攻撃であり、一本が不可欠となった。

最終回、開始早々にバラォンがテイクダウン。すぐに両者が立ち上がり、バラォンが大振りの左パンチを放つ。これをエスコヴェドは右に下がりながらミドルを繰り出す。しかし、ローはバラォンにパンチで合わされ、続いて右バックハンドブロー、前蹴りを食らってしまった。

続く前蹴りに右のカウンターを合わせたいエスコヴェドだったが、距離が合わない。バラォンのジャンピング・ニーにパンチを重ねたが、これもクリーンヒットには至らない。残り2分30秒、バラォンはスピニングバックキックからフライング・ニーと見栄えの良い攻撃を仕掛けていく。さらに右を打ち込み一瞬、間が空くとすかさずテイクダウン。

エスコヴェドのハイガードに対して、立ち上がったバラォンはフライング・ニー、スピニングバックフィストと派手な攻撃を繰り返し、最後の10秒でまたもテイクダウンに成功。最後はわざとエスコヴェドを立たせてダブルレッグから抱え上げるとスラムへ。打撃を掻い潜り、テイクダウンからパス、関節技で一本を狙うというノヴァウニオン・スタイルとは一線を画した戦いで、バラォンが3-0の勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie