この星の格闘技を追いかける

【UFC117】アンデウソン・シウバ、ソネンの口撃を語る

Anderson今週末7日(土・現地時間)にカリフォルニア州オークランドのオラクル・アリーナで行なわれるUFC117「Silva vs Sonnen」のメインで7度目の王座防衛戦を戦うUFC世界ミドル級王者アンデウソン・シウバ。試合を5日後に控えたチャンピオンをLAガーディナのブラックハウスでキャッチした。

【写真】アンデウソンは、既に試合に向けてクールダウンに入っており、ジムに姿を見せたが、盟友アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのミットを持つなど、体を温める程度の動きにとどめていた (C) MMAPLANET

その強さゆえ、試合中の余裕溢れる態度が非難されることもある王者に挑戦するチェール・ソネンが、かつてないほど挑発を続けている中、翌日オークランドに立つアンデウソンは終始リラックスしたムードで現在の心境、調整具合を語った。

――試合を5日後に控え、現在のコンディションはいかがですか。

「問題ない。とても良い感じだよ。あと5ポンドほど落とせば、計量もパスできる。もう、ほとんど減量する必要もないよ(笑)」


――チェール・ソネンが、かなり激しい口撃を繰り返しています。

「ホント、くだらないことだよ。しゃべりが過ぎる。あんなことして何になるのかな? あれがイベントのプロモーションになるとは思えない。自分が目立つことだけを考えているんだ。

なんだろうね? ホント理解できないよ。彼が自分の判断でやっていることなんで、僕には何ともしようがないんだけど、ホドリゴ・ミノタウロ(ノゲイラ兄)やホジェリオ・ミノトゥロ(ノゲイラ弟)たち、僕のチームメイトのことまで口汚く罵るなんて、どうかしてしまっている。あれはチェールのイメージダウンになるよ。

みんなミノタウロやホジェリオのことを尊敬している。ミノタウロがどれだけ、MMAで人々を感動させてきたのか。彼をリスペクトしないなんて信じられないよ」

――アンデウソンが、いつも冷静に戦っているので精神的に揺さぶりをかけて、エキサイトさせようとしているのではないですか。

「本当にそんなことを考えているんだったら、どうしようもないよ。僕らが戦うのはスポーツであり、ゲームなんだ。勝者がいて敗者がいる。そんなこと、ベストを尽くした結果で、僕らの仕事はベストを尽くすことであって、対戦相手の練習パートナーをバカにすることじゃないはずだ。

デミアンと僕は、世界王座を懸けて戦ったけど、互いに尊敬しあっていた。チェールとの試合だって、ベストを尽くした結果、僕が勝つか、彼が勝つしかないんだ。8月7日の戦いに向けて、チェールは本当にくだらないことを多くしてしまった。でも、僕には全く影響はないよ」

――ここまで挑発されても、冷静でいられるのですか。

「僕は試合に出ることが好きなんだ。対戦相手云々でなく、戦うことが好きだから今も続けている。だから、チェールに対して、特別な感情を持つことはない。一つの試合でしかないよ」

――正直なところ、勝ち負けは別にして、アンデウソンが苦戦する試合が見たいという気持ちもあります(笑)

「チェールは素晴らしいファイターで、テイクダウンが本当に強い。MMAの歴史をひも解いてみても、ベスト・レスラーだと思う。だから、僕もマーク・ムニョスの協力の下、テイクダウン対策は十分にこなしてきた。

マークとは週に2度~4度、一緒に練習し、ポジションなどを修正してくれた。マークがオカミに負けてしまったことは残念だけど、これはスポーツ。さっきも言ったように勝者は一人しかいない。オカミはとてもスマートに戦っていたからね」

――マーク・ムニョスとレスリングの練習を相当したということは、それだけテイクダウンを警戒しているということでしょうが、それでも倒されてしまった場合も想定していますか。

「ブラックハウスにはミノタウロ、アンドレ・ガルバォン、ホナウド・ジャカレイ、ハファエル・フェイジャォンという素晴らしい柔術ファイター、そしてハモンという最高の柔術コーチがいる。

僕は彼らと練習しているんだ。グラウンドになっても、問題ないよ。もちろん、寝技の展開になる前に勝てればいいけど。とにかく何を言われようが、エキサイトすることなく冷静に戦うだけさ。

その結果、僕が勝てばこれ以上嬉しいことはないし、チェールが勝っても彼を祝福する。そういうことだよ」

■UFC117「Silva vs Sonnen」対戦カードは下記の通り

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者]アンデウソン・シウバ(ブラジル)
[挑戦者]チェール・ソネン(米国)

<ウェルター級/5分5R>
ジョン・フィッチ(米国)
チアゴ・アウベス(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グイダ(米国)
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
マット・ヒューズ(米国)
ヒカルド・アルメイダ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
ロイ・ネルソン(米国)
ジュニオール・ドスサントス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
リック・ストーリー(米国)
ダスティン・ハザレー(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ロドニー・ウォレス(米国)
フィル・デイビス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ティム・ブティッシュ(米国)
トッド・ブラウン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国)
チャーリー・ブレネマン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ステファン・シュトゥルーフ(オランダ)
クリスチャン・モアクラフト(米国)

<ウェルター級/5分3R>
デニス・ホールマン(米国)
ベン・サンダース(米国)

<待望の2010年国内版、いよいよ登場!>
UFC(R) Undisputed(TM) 2010(国内版)
9月9日発売決定!

予約特典:9月5日18:00までにお申込の方は10%OFF!!!
全世界出荷累計400万本を記録した格闘ゲームの最新作は、前回作を凌ぐ大幅リニューアル、絶対に見逃すな!

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie