この星の格闘技を追いかける

【UFC115】バンクーバー決戦 フランクリン&ミルコが逆転V

【写真】1Rはリデルのラウンドに――、誰もがそう思った瞬間、フランクリンの右の拳がリデルの顔面を捉えた (C) ZUFFA

6月12日(土・現地時間)、カナダのバンクーバー、ジェネラル・モータープレイスで行なわれたUFC115「LIDDELL vs FRANKLIN」は、ズッファにとって初となるカナダ太平洋岸でのイベントだ。

メインイベントでは、ジ・アルティメット・ファイター・シーズン11のコーチ対決となる筈だったチャック・リデルが、番組を途中降板したティト・オーティズの代役=リッチ・フランクリンと激突。セミファイナルでは、MMA界のビッグネーム=ミルコ・クロコップがUFC戦績3勝3敗で、勝ち越しを懸けたパット・バリー戦に臨んだ。

そのメインイベント。前に出るリデルは、互いにローを蹴り合うと、右のパンチを出しながら、サウスポーで構えるフランクリンの前足をすくうように絶妙なシングルレッグでテイクダウンを奪う。だが、残り時間30秒になると、リデルはハイキックから距離を詰めて右エルボーを打ち抜くと、追い打ちの右ストレートを狙ったが、これにフランクリンは右を合わせる。この一撃がモロにリデルの顔面を捉えると、後方にもんどりうって倒れたリデルに、フランクリンが右のパウンドを打ち込み、勝利を決定付けた。

また、セミファイナルでは、序盤から踏み込みの速いバリーのパンチに劣勢が続いたミルコ。すぐに立ちあがったものの、バリーの右フックで二度のダウンを喫っした。だが、2Rにバリーがハイキックを空振りしたところで、テイクダウンに成功したミルコは、バックからチョークを狙うと、迎えた3R、動きが鈍くなったバリーに、ミルコがパンチのラッシュを仕掛けてダウンを奪うと、無防備の首元に腕をまわして一気に絞めあげ、タップを奪った。勝ったミルコは、UFC7戦目にして初、MMA通算37戦の中でも二度目の一本勝ちを挙げた。

その他にも、ウェルター級王座挑戦権争いにも影響するパウロ・チアゴ×マーティン・カンプマン戦は、カンプマンが安定した試合運びでチアゴを完封、ヘビー級屈指の実力者ながら、共にUFC初戦で躓いたベン・ロズウェル×ギルバート・アイブル戦は、判定の末にロズウェルがUFC初勝利を挙げた。

■全試合結果はコチラ
UFC115 LIDDELL vs FRANKLIN 全試合結果へ

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday