この星の格闘技を追いかける

【LDHma】髙谷裕之 & LDH martial arts格闘プロジェクト─03─「今の格闘技の形だよと言えるモノに」

Takaya & Okami【写真】髙谷のサポート役でもある岡見勇信と (C)MMAPLANET

LDH martial artsがLDH JAPANとともに格闘技界に新しい風を送り込む髙谷裕之インタビュー最終回。

いよいよオーディション募集の締め切りが近づいてきた髙谷とLDHの格闘技プロジェクト。オーディション→リアリティTV→LDH格闘技イベントでのデビューという試みは格闘技を格闘技として行い、新しい層に熱を広げること。結果、格闘技好きの共感を得ることができる試み──それが髙谷の「自分の人生を変えてくれた」格闘技界への恩返しだ。

<髙谷裕之インタビューPart.02はコチラから>


──そしてAbemaTVが彼らの日々を追う番組を創ると。

「AbemaTVさんの格闘視聴者層はやっぱり男の人が多くて、LDHのファン層とは真逆なんですね。ここが合体することで、互いを刺激し合いつつ新たな層に格闘技の魅力が届くモノが創れるんじゃないかというのが、LDH martial artsの試みです。

もちろん、そこで見られる格闘技は本物です。そして新しい才能を育てていくうえで、格闘技が好きなLDHのアーティストがオーディション合格者にしっかりと向き合っていく。格闘技でなくても、アーティストが何万人を前にしたステージに出て行くのも真剣勝負です。

格闘技で成功しようとしている若い連中も、そんな彼らから学ぶことができると思っています。そういう部分をオーディションから秋のイベントまで、AbemaTVさんに追ってもらってリアリティショーというかたちで伝えてもらいます」

──想像以上に大きなプロジェクトだというのが、伝わってきます。

「ここまでやると、さっきから言っている新しい層だけでなく、本当の格闘技好きにも共感してもらえるようになると思っています。

でも、勘違いして調子に乗るヤツが絶対に出てくるから、そういうヤツをちゃんとリードする(笑)。それがLDHとAbemaTVさんの合体ならではってことだと思うんです」

──アハハハ。凄く見てみたいです。どういうリードなのか(笑)。その第一歩としてオーディションがあります。現状はどのように手応えを感じていますか。

「そこそこ集まってきているのですが、AbemaTVさんにも発信してもらうので、これからも面白い人が集まってくると思います」

──階級など関係なく募集をされていますね。

「ハイ、まずは募集をして良い人間が集まった段階でどの様にイベントを組むか考えていきたいと思います。」

──プロ3戦までというのは条件があります。

「これはMMAですね。キックとかならプロでやっていても構わないです。現時点でも他競技でそこそこ良い選手も申し込んできてくれていますし、そういう人間をしっかりと育成していくので、みっともない試合にはならない様に仕上げます。」

──大会は既存のプロ選手と、オーディションで受かった選手を半年なりで育てていき、それらの選手が出場することになるのですか。

「ハイ。オーディションで合格して、ここで育ててアーティストにも応援してもらったりするなかで、生き残った人間で試合をイベントに組み込んで行こうかと思っています。その生き残り合戦をどうするかはまだ決めていません。

オーディション合格者のふるい落としが、ある時期から始まりイベントまで続くというイメージをしています。TUFのようにコーチ対決とか、そういうもの考えています」

──そこが髙谷選手にとって、最後の試合になるかと思っていました。

「まぁ、そうですよね(笑)。イベントについてはこれから詰めていくことも多いですが、骨子は固まりつつあります。重い体重の選手、軽い体重の選手問わずしっかり育てていくつもりなので、少しでも想いのある方は是非思い切ってトライしてほしいです。

練習をしていく中で、最終的に僕が考えているレベルに達していたらもしかしたら既に格闘技界にいる同じようなキャリアの選手と戦ってもらうかもしれません。イベントは2日間あるのでトーナメント戦を行ったり、他のジムの選手と戦う試合を組む形にして。そこへ既にプロで活躍している選手の試合が加わるという感じですね。

そういう試合だけでなく、アーティストのライブがあるイベントとして、格闘技=男が見るスポーツをLDHから発信する事で客層もノリも違うイベントとして、新しい層に新しいモノを見てもらう。これが『今の格闘技の形だよ』と言えるモノになるまで、AbemaTVさんと一緒に創っていきたいですね。

今の格闘技界を変えるというよりも、恩返しをしたい延長で新しい風を吹かせたい。既存の格闘技大会の在り方は尊重していますので、僕らは新しいチャレンジをしたいと思います。そこから強い選手を育てていきたいですね」

──期待しています。改めて、これから髙谷裕之が進めるプロジェクトへの意気込みをお願いします。

「僕は前回の試合で引退することに決めたんですけど、僕の人生を変えてくれた格闘技とこれからも生きていくと腹を括って決めました。これから先の僕の格闘技のイベントも、これまでと同じように応援してください。凄く良い選手を育てて、良い大会にするので宜しくお願いします」

──拳で世界を変える!──

LDH FIGHTER BATTLE AUDITION 募集要項

東京オーディション
日時:3月1日(日)
場所:EXFIGHT

大阪オーディション
日時:3月15日(日)
場所:クリエイティブセンター大阪スタジオパルティッタ 

[応募資格]
:総合格闘技プロ3戦以内(キックやボクシングは何戦でも経験者可)
:1994年3月16日から2005年4月1日生まれ
:LDH martial artsと正式契約が可能で、他ジムや企業と契約がないこと
: LDH martial artsの一員として練習、試合などに活動できること

[特典]
: LDH martial arts所属育成選手契約
: DH主催格闘技イベントへの出場権
: EXFIGHTでのフィジカル、テクニックトレーニングでの無償指導
: AbemaTV製作・配信のリアリティショーへの出演
:必要な方にはLDHが運営する飲食店舗をアルバイト先として紹介
:以降行われる格闘技イベントの出場枠の確保

【締め切り】
2月15日(土)24:00

オーディション申し込みはコチラから

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie