この星の格闘技を追いかける

【Bellator209】計量終了 メインはフレイレ✖サンチェスのフェザー級世界戦。デイヴィス✖ネムコフも注目

Bellator209【写真】イスラエル大会のメインを張るフェザー級王者フレイレとチャレンジャーのサンチェス (C)BELLATOR

14日(水・現地時間)、15日(木・同)にイスラエルはテルアビブのメノーラ・ミヴタキム・アリーナで開催されるBellator209「Pitbull vs Sanchez」の計量が行われた。


1年振りのベラトール・イスラエル大会のメインは、イベント名にあるようにベラトール世界フェザー級選手権試合=王者パトリシオ・フレイレ✖挑戦者エマニュエル・サンチェスが組まれている。昨年4月に2度目の王座戴冠となったフレイレにとって2度目の王座防衛戦。挑戦者のサンチェスはジョージ・カラキャニャン、マルコ・ロウロ、ダニエル・ストラウスというベラトールのトップファイターに続き、UFCから転じてきたサム・シシリアを1R肩固めで下し4連勝で挑戦権を手にしている。

瞬発力+耐久力のあるチャンピオンに対し、サンチェスがテイクダウン&柔術という部分を含めて、より動きのある試合が求められる世界戦だ。

Rubin vs Dandois2年連続テルアビブ大会で勝利しているハキム・ゴザリは鉄人2世ライアン・クートゥーと、さらに女子フェザー級でオルガ・ルビン、ヘビー級でアダム・ケレシュという地元勢が出場するなかライトヘビー級のフィル・デイヴィス✖ワジム・ネムコフに注目したい。

Davis vs Nemkovライアン・ベイダーに世界ライトヘビー級王座を奪われて以来、デイヴィスはレオ・レイチ、リントン・ヴァッセルに勝利してきた。

対するエメリヤーエンコ・ヒョードル門下のワジム・ネムコフも昨年8月のベラトール参戦から、フィリップ・リンスに続き元世界王者ライアン・マクゲリーをローキックで撃破、通算4連勝でデイヴィス戦を迎える。

現王者ライアン・ベイダーのヘビー級GP出場により、タイトル戦線が停滞していたライトヘビー級だが、GP終了後の挑戦者決定戦の意味合いをデイヴィス✖ネムコフは持っている。そんなイスラエル大会のメインカード出場選手に計量オーバーは見られなかった。

■ メインカードの計量結果

<Bellator世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]パトリシオ・フレイレ: 144.5ポンド(65.54キロ)
[挑戦者]エマニュエル・サンチェス: 143ポンド(64.86キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・クートゥアー: 169ポンド(76.66キロ)
ハイム・ゴザリ: 170ポンド(77.11キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
フィル・デイヴィス: 206ポンド(93.44キロ)
ワジム・ネムコフ: 204.5ポンド(92.76キロ)

<女子フェザー級/5分3R>
シンディー・ダンドワ: 145.5ポンド(66.0キロ)
オルガ・ルビン: 143.5ポンド(65.09キロ)

<ヘビー級/5分3R>
キリル・シデルニコフ: 262ポンド(118.84キロ)
アダム・ケレシュ: 238ポンド(107.95キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday