この星の格闘技を追いかける

【DEEP85】打撃で組みを封じ込まれた富松恵美──パク・シウに完敗という現実

Park vs Tomimatsu【写真】終盤にはこのような表情で蹴りを繰り出していたパク・シウ(C)MMAPLANET

26日(日)に文京区後楽園ホールで開催されたDeep85から、3回戦を中心にリポートしたい。ここではDEEP JEWELSで日本女子MMAの屋台骨を支える富松恵美が韓国の新鋭を迎え撃った一戦を振り返りたい。


<女子アトム級/5分3R>
パク・シウ(韓国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
富松恵美(日本)

01序盤から鋭右ストレートで試合をリードするパクは、富松の接近を許さない。ローを散らし、組もうとする富松にアッパーをちらつかせる鋭いローを蹴り込む。それでも序盤は富松も打撃に付き合い、局面を打開していこうとするがパクの打撃は次元が違った。ならばと富松はローをキャッチし懸命のダイブ、そのままケージに押し込んでテイクダウンを狙う。

02小外刈りで崩されたパクは、倒されながら右足でと富松の右足を払い上を取ろうとする。そのままバックに回り込んだパクだが、乗り過ぎて落とされてスクランブルへ。富松はシングルで尻餅をつかせるが、パクはケージを背にして立ち上がりタイムアップへ。打撃で圧倒し、組みで劣勢に追い込まれなかったパクが試合をリードした。

042R、いよいよ鋭さの増すパクの打撃だが、富松は一発で倒す力はないと判断したのか、被弾しながら組みへの展開を模索するようなスタンスを取るようになる。左右のロー、左ストレートをやすやすと決めるパクは高い位置の蹴りも繰り出し始める。富松も右を返しつつ組みにいくが重心が高い姿勢から、押し込むような形となりクリーンテイクダウンは望めない。

パクはケージに押し込まれても体を入れ替えるなど、テイクダウンを許さずついにはダブルレを切ってバックを伺うようになる。富松もここから意地を見せ、ガードワークからシングルへとパクに攻め込ませることはない。ただし、上を取っているのはパクで寝技になっても劣勢を跳ね返すには至らない状況が続いた。

05最終回、2R終了時にすぐに立ち上がることができなかった富松は相当に疲弊しており、構えは最初から前足ヒザが伸び気味で、ガードも下がった状態だ。それでも蹴りを掴んでテイクダウンを狙うが、頭が下がりクラッチを切られてバックを許す。

06引き込んで足を絡ませる富松は、必死にバックを取ろうと動くがパクは右腕をきかせて、これを許さない。結局、富松はクローズドガードを選択。ここから両者動きがなく、残り1分でブレイクが命じられる。テイクダウン狙いでも踏み込めない富松に対し、パクは笑みを見せながら組みを切り、パンチや蹴りを繰り出しタイムアップへ。

キャリア3戦目にして、パクが圧倒的な差を見せつけて富松からキャリア初白星を挙げた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY