この星の格闘技を追いかける

【UFC227】コンテンダーシリーズ上がりのジャクソン、シモンの粘っこさに封じ込まれる

<バンタム級/5分3R>
リッキー・シモン(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
モンテル・ジャクソン(米国)

DWTNCSシーズン02エピソード01で契約を勝ち取り、早くもUFCデビューを迎えたジャクソンは、シモンの手首をキャッチしてパンチを連続で入れるという攻撃を見せる。組んだシモンの手首を再び掴みにいったジャクソンは、離れたシモンのテイクダウンを徹底して切っていく。右ジャブを伸ばすジャクソンに対し、シモンは右ボディフックを見舞う。

シモンはダブルレッグでジャクソンをリフトアップして豪快にテイクダウン。立ち上がったジャクソンの腰をコントロールして、2度目のテイクダウンを決める。ここもケージを利して立ち上がったジャクソンは距離を取り直すが、スラッピーな左の蹴りを繰り出したぐらいで初回を落とした。

2R、シモンはガードの上から右ハイを蹴り、即ローを当てる。ボディロックテイクダウンを許したジャクソンは、そのまま体を起こして上を取るとスランブルのなかで、ハイクロッチでテイクダウを取り返す。シモンはシングルからダックアンダーでバックに回り込み、正面に回ったテイクダウンを狙う。離れた両者、ジャクソンが左を当てて前に出る。圧を強めたジャクソンだが、シモンが逆にパンチを入れ、ハイキック直後に組んでバックに回りグラウンドに持ち込む。襷のみで足をフックしないシモンはワンフックから両足を入れ、四の字にロックしたところでラウンド終了を迎えた。

最終回、ニータップでテイクダウンを取ったシモンがバックに回るも、前方に振り落される。すぐにスクランブルに持ち込んだシモンに対し、距離を取ったジャクソンがヒザ蹴りをボディに突き刺す。続くアクションでシモンはダブルレッグからテイクダウンを決め、そのままマウントへ。背中を向けたジャクソンは手首を掴んで絞めを防ぎ、腰をずらして立ち上がることに成功する。

ボディロックを続けたシモンは、ジャクソンのスイッチを対処し肩に担いで豪快にテイクダウンを決める。スクランブルでバックを取り、先手を取るシモン。立ち上がってダブルを切ったジャクソンは、大内刈りでテイクダウンを許しバックに回れる。最後の10秒で互いにエルボーを打ちあいタイムアップに。

ねちっこさで上回ったシモンが、3‐0の判定でジャクソンを破った。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY