この星の格闘技を追いかける

【WJJC2018】ブラジリアン柔術界に現れた北欧の雷神トミー・ランガカーのアウジェス越え=準々決&準決

Tommy【写真】ライト級のエスペン・マティエンスとともに、恐るべき新星がノルウェーから現れた(C) SATOSHI NARITA

5月31日(木・現地時間)から3日(日・現地時間)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。ブラジリアン柔術の頂点を極める同大会レビュー、今回は北欧、ノルウェーの超新星トミー・ランガカーの決勝までの足取り――世界王者越えを果たした準々決勝と、準決勝の模様をお届けしたい。


01<ミドル級準々決勝/10分1R>
トミー・ランガカー(ノルウェー)
Def. by 反則(場外逃避)
ガブリエル・アウジェス(ブラジル)

02アウジェスが引き込むと、ランガカーも寝てダブルガードに。ランガカーはすぐにベリンボロで横回転。落ち着いて座って対処するアウジェスだったが、インヴァーテッドの姿勢のランガカーはアウジェスの腰を強烈に引き寄せる。

03さらに逆回転でアウジェスを崩したランガカーは、アウジェスの奥襟まで手を伸ばして引き寄せながら後転し、さらに登ってゆく。アウジェスは前方回転して逃げようとするが、ランガカーは完全にその背中へ。会場から悲鳴と歓声が湧き上がるなか、ランガカーはあっという間にフック完成。前年度王者から4点を奪った。

04そのままランガカーは送り襟絞めに。アウジェスはランガカーを背中に乗せたまま場外まで歩いて転がり出るようにエスケープ。この明らかな場外逃避行為により、なんとアウジェスは1発反則負け。向かうところ敵なし、長期政権を築くと思われた昨年王者アウジェスが、なんと北欧の新星に完敗を喫してしまった。

1月ヨーロピアンで怪物エルベース・サントスから三角絞めを極めてみせたランガカーは、これで今年2度に渡り世界を震撼させたこととなる。しかも今回は極めの強さだけではなく、モダン柔術のポジショニングにも恐るべき熟練度を持っていることを示しての超大物喰いだった。北欧から突如現れた新星のポテンシャルは、底知れない。

05<ミドル級準決勝/10分1R>
トミー・ランガカー(ノルウェー)
Def. by 送り襟絞め
マルコス・ティノコ(ブラジル)

アウジェスから衝撃の(ほぼ一本勝ちに等しい)勝利を挙げたランガカーの準決勝の相手は、もう一人の優勝候補マルコス・ティノコ。この両者はヨーロピアンでも対戦しており、この時はノースサウスチョークでティノコが貫禄勝ちを収めているが、準々決勝のアウジェス戦を見る限り、ランガカーの成長のスピードは計り知れない。

06ガードからの攻撃に絶対の自信を持つランガカー、まず引き込むがペナルティをもらってしまう。スタンドから再開すると、ティノコがすかさずダブルレッグでテイクダウンを決めて2点先制。下になったランガカーは、凄まじいスピードの仕掛けから三角を狙い、さらにクロスチョークを狙うが、ティノコは胸を張って耐える。

07ランガカーは、ならばとばかりに再び三角絞めからオモプラッタを仕掛け、さらにバック狙いに移行する。危ないと思われたティノコだが、なんとか体を翻して正対して難を逃れる。さらにティノコ、自分の左膝でランガカーの右足を押さえつけて反撃を試みるが、下からの仕掛けを止めないランガカーはまた三角絞めを狙う。

08ティノコが胸を張って耐えると、今度はランガカーは片襟片袖に。そこからグリップを持ち替え、ティノコの遠い方の足に通常とは逆の回転で絡んでゆく変形のベリンボロ。あっという間にティノコの背中に回ってバックを奪取すると、そのまま送り襟絞めでタップを奪った。残り3分半のことだった。

09ランガカー、圧巻の一本勝ち──三角、多方向のベリンボロ、オモプラッタ、チョークと下からの波状攻撃を繰り出し続け、ティノコの盤石のトップゲームさえも飲み込んでしまった北欧の新星が、ついに決勝進出を果たした。

相手はクラウジオ・カラザンスやジェイミー・カヌートといった大物を倒して勝ち上がったヨーロピアン王者、イザッキ・バイエンスだ。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF

ONE DAY