この星の格闘技を追いかける

【DEEP83】佐藤の粘りが、最終回のバックマウントへ。RNC凌いだ住村が初防衛に成功

<DEEPウェルター級選手権試合/5分3R>
住村竜市朗(日本)
Def.5-0:29-28.29-28.29-28.29-28.29-28.
佐藤洋一郎(日本)

佐藤のローに住村もローを返し、パンチの交錯から離れる。左ジャブをよけた佐藤だがローとミドルを受け、右ローを前足に受けるシーンが多くなる。それでも左を当て返す佐藤は、住村の三日月蹴りを被弾しながら、蹴り足をキャッチしてテイクダウン。住村はすぐにスクランブルへ、バックも取らせずに立ち上がる。

左から右、さらにミドルやローからパンチで距離を詰める住村に対し、佐藤も左ミドルを蹴りこむ。終盤に連打をもらいながらも耐えきった佐藤だが、住村のパンチが手数&精度ともに上回った。

2R、ローから左三日月を入れる住村は左右のフックで前に出る。左&右とフックを返し、住村のハイをかわした佐藤だが、前に出たところで右を被弾する。住村はダブルレッグを切ってヒザ蹴りを入れる。パンチの連打にも、踏みとどまって下がらない佐藤は右アッパー、右ストレート、左フックと打たれ劣勢から脱せない。それでも左フックを当てた佐藤はジャブから右を打ち返す。住村も右ストレートをヒットさせ、攻勢の5分を終えた。

最終回、押し込みながら倒しきれない王者に対し、意地の中間距離を続ける佐藤は左ミドルを狙う。住村は左三日月、左フック、クリンチからフック、右アッパーを連続で入れる。ここで組み合いとなると佐藤が小外掛けでテイクダウンを奪い、スクランブルから一気にバックマウントへ。佐藤のRNC狙いに対し、住村は手首を掴んで防御し続ける。

絞める手を入れ替え、フェイスロックも交えてフィニッシュを狙う佐藤だが、最後まで住村が耐えきり、タイムアップに。結果、ジャッジ5人が29-28と支持した住村の王座防衛にとなった。

「えぇと危なかったですね。相手舐めていました。佐藤選手スイマセン」と話したあとで、ウェルター級自体をRIZINにアピールし出場を訴えた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY