この星の格闘技を追いかける

【Gladiator005】濱村健へ挑戦、岸本泰昭─02─「やり始めた頃と同じ気持ちです。必死に勝ちに行くだけ」

Yasuaki Kishimoto【写真】オク・レユン戦を経て、岸本がどう成長したのか。その確認となるタイトル挑戦でもある (C) MMAPLANET

21日(日)に大阪市阿倍野区の阿倍野区民センター大ホールで開催されるGLADIATOR005で、濱村健の持つライト級王座に挑戦する岸本泰昭インタビュー後編。

もう落とせない──MMAファイター人生にあって、プレッシャーよりもガムシャラな気持ちで、この一戦に挑む。そんな岸本は、しっかりと『みんな大好きハマちゃんn』対策をこうじ試合で明確な差を見せると言い切った。

<岸本泰昭インタビューPart.01はコチラから>


──オク・レユンに勝ったウレンゾリグ・バットムンクには興味はない?!

「オク・レユンの強さはきちっとした試合で見える。よりきちっとした試合でオク・レユンに勝たないといけないです。あのモンゴル人の戦い方で、2R制だから勝ったみたいなのとは戦いたいとは思わないです。

ただモンゴルとか、中国とかああいう選手がいっぱいいて、これから強くなっていくのでしょうね。僕は攻防の予定調和がない相手でなく、MMAとして強い相手に勝ちたいです」

──そんな気持ちを再びぶつけるためにも、今回のタイトル戦は勝利が絶対です。濱村選手には失礼ですが、DEEPライト級の格でいえば岸本選手が上だという認識をファンも持っていると思います。

「それはあくまでも過去の実績ですから。濱村さんと僕に格の違いなんてないですし、ケージの中に入って余裕があるとも思っていないです。ただ、思い切りぶつかるだけです。全く余裕なんてないです」

──濱村選手はかつて京都の成蹊館に所属していましたが、交流とかありましたか。

「10年ぐらい前にコブラ会で軽く練習したことはありました。あとは東京に出稽古に行った時に2回ぐらい一緒だったことがありますね」

──どのような印象を持っていますか。

「良いお兄さんですね。『みんな大好き、ハマちゃん』って感じで(笑)。凄く評判が良い人で、起一さんも一緒に練習している最中に『僕、ハマちゃんのことも好きです』なんて言うてきて……知らんがなって(笑)」

──アハハハハ。

「ホンマに『東京で仲良いんですよ』とか……、あぁって流すしかないですよね(笑)」

──ファイターとしては?

「前足の蹴りで自分の空間を作って試合をする選手で、そこから右を振ってくるかどうかですね。奥足でも蹴ることができるし、足の動きでスイッチして三日月とか狙ってくる」

──そこに対して、岸本選手がしなければいけないことは?

「やらなアカンことは……秘密です(笑)。やらなアカンことはあります。東京に行ってトータルで練習するようになって全局面で攻めて来ることもあるだろうし、打撃だけで試合を組み立てて来ることもある。そのどちらかになると思うので、どっちで来ても対応できます。打撃でも、組みを交えても対応できないと僕も上に行けないですから」

──落とせないという部分でプレッシャーはありませんか。

「そういうのはないです。必死に戦うだけなので、若い選手ともう同じです。ベテランの余裕ではなく、やり始めた頃と同じ気持ちです。必死に勝ちに行くだけで」

──東京、名古屋、和歌山と比較して大阪で戦う利はありますか。

「試合自体は変わりないです。全然、変わらないですね。それに濱村さんも関西の人やし、ただ計量後とかはホテルに泊まるより、自分の家にいて知っているところで過ごす方がゆっくりできます。そこにメリットはありますね。知らない場所で食事を探して食べるとか、ストレスや試合前日の緊張感は変ってきます。それぐらいですね」

──では今大会、メインイベンターとしてどのような気持ち試合に臨むのか教えてください。

「分かりやすい、明確な差を見せて勝つ。強さを見せたうえでベルトを巻こうと思います。そうすることでグラジエイターの価値が上がる。そういう試合をしたいです。どっこいどっこいの勝負ではなくて、しっかりと差を見せます」

──取らぬ狸の皮算用ですが、今後についてどのようなプランを描いていますか。

「これだけお世話になっているのでチャンピオンになったら、年に1回はグラジエイターで防衛戦を戦っていくつもりです。もちろん、HEATにも何回もチャンスを頂いたので……今これを言うことではないですけど、HEATでも戦っていこうと思います。とにかく濱村さんとの試合に勝つことです。

凄くスマートな選手だし、アドバイスをくれた時も凄く明確な理論派なんですよね。だからこそ、しっかりと濱村さんを潰したいと思っています」

■ GLADIATOR005対戦カード

<Gladiatorライト級選手権試合/5分3R>
[王者]濱村健(日本)
[挑戦者]岸本泰昭(日本)

<GLADIATORライトフライ級(※54.4キロ)王座統一戦/5分3R>
[正規王者]吉村友菊(日本)
[暫定王者]宮城友一(日本)

<バンタム級/5分2R>
竹本啓哉(日本)
渡部修斗(日本)

<フライ級/5分2R>
NavE(日本)
イ・ミョンジュ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
山口翔(日本)
白川Dark陸斗(日本)

<ストロー級/5分2R>
三谷敏生(日本)
木村旬志(韓国)

<フェザー/5分2R>
名田英平(日本)
國頭武(日本)

<ミドル級/5分×2R>
KING(日本)
BLUE3☆鬼瓦(日本)

<フライ級/5分2R>
草信孝謙(日本)
スクランブルユースケ(日本)

<フライ級/5分2R>
井口翔太(日本)
仁科太志(日本)

<ストロー級/5分2R>
若林耕平(日本)
ジェイソン北(日本)

<バンタム級/5分2R>
四至本ジョリー竜馬(日本)
上田祐紀(日本)

<OPウェルター級/5分1R>
山口恵(日本)
寺前祐(日本)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday