この星の格闘技を追いかける

【Pancrase291】内村洋次郎と対戦するダニエル・リケイホは、ルチャ・カナリア=カナリー相撲出身

Daniel Requeijo【写真】未知の強豪なのか、いっぱい食わせものか。カナリー相撲出身のリケイホは気になる存在だ (C)PANCRACE

9日(木)、12日(日)に東京都江東区のディファ有明で開催されるPancrase291に出場するアジズ・パフルディノフ、アレッシャンドリ・シルニ、ダニエル・リケイホのロシア、ブラジル、スペイン人ファイター多国籍軍が大田区ゴールドジムサウス東京ANNEXで公開練習を行った。


内村洋次郎と対戦するリケイホはキャリア11勝5敗でスペイン、英国、ドイツでこまれでMMAを戦っており、西欧以外での試合は今回が初めてとなる。スペイン人ファイターであるが、カナリー諸島のグランカナリア島在住の彼はルチャ・カナリア、つまりカナリー相撲の出身という珍しい格闘技歴の持主だ。

来日時に「ブラジリアン柔術の黒帯で、MMAでは2013年にマッドネス、2014年にアルティメット・コンバット、2016年にAFL(Ansgar Fighting League)のチャンピオンになった。所属するタズ・ヒナマーには24人の柔術黒帯とMMAやK-1のプロ選手が多く所属している。彼らと共にトレーニングキャンプを終え、試合の全局面で対応できるように準備してきた。

この試合のために細かい技術も再確認し、練習では疲労困憊したけど試合には影響はない。偉大なMMAイベントであるパンクラスに出場するという長年の夢がついに実現した。ウチムラは危険なストライカーでとても強い相手。タフな試合になると思うけど、全ての局面でレベルの違いを見せて勝利したい。判定にもちこまれず、フィニッシュする」と語っていたリケイホ。

内村洋次郎戦に向けての公開練習後のコメントは以下の通りだ。

ダニエル・リケイホ
「グランカナリアから勝つためにやってきた。15年間、カナリア相撲の練習をしてきた。カナリア相撲から格闘技を始め、チャンピオンになっているし僕の人生だ。カナリア相撲の経験が僕のMMAを支えているんだ。タズ・ヒナマーで、フリオ・サンタナとフアンマ・スアレスの指導を受けている」

23年前にグランカナリー、ラスパルマスの郊外の村祭りで行われた時のカナリア相撲(C)MMAPLANET

23年前にグランカナリー、ラスパルマスの郊外の村祭りで行われた時のカナリア相撲(C)MMAPLANET

上記のあるように公開練習後の会見では話題がカナリー相撲ばかりになってしまったが、ここで補足をしておくと、カナリー相撲はカナリー諸島の土着格闘技で村祭りのアマ大会から、セミプロやプロレベルでトーナメントが行われており、現地ではTV中継もあるローカルで人気のスポーツだ。

生地の厚いTシャツとショーツを着用し、右手でワキを差し、左手でズボンの端を掴んだ状態で胸を合わせるのではなく、肩を押し合うような形で試合が行われる。

もちろん打撃は禁止で、円形の砂の上で倒された方が負けとなる。特徴的なのは勝利ポイントの合算で争うチーム制で、体重の重い選手の方が有利だが連戦をすると疲れるのは明白。出場順も決まっておらず、何度も同じ人間が戦っても良い。よって、体重の重いエースの登場回数、対戦相手の体格などが勝敗を分けるというチーム戦の妙が見られる。

■ Pancrase291対戦カード

<ライト級/3分3R>
菊入正行(日本)
高橋弘(日本)

<ライト級/3分3R>
深谷誠(日本)
松井幸太(日本)

<フェザー級/3分3R>
平山学(日本)
鬼山斑猫(日本)

<フェザー級/3分3R>
加藤泰貴(日本)
DARANI DATE(日本)

<バンタム級/3分3R>
飯島重樹(日本)
林太陽(日本)

<バンタム級/3分3R>
工藤修久(日本)
聖王DATE(日本)

<2017年ネオブラッドTフライ級決勝/3分3R>
川端康太(日本)
中村龍之(日本)

<ミドル級KOPT/5分5R>
[王者]ロッキー川村(日本)
[挑戦者]新村優貴(日本)

<バンタム級/5分3R>
上田将勝(日本)
アラン・ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
瀧澤謙太(日本)
アレッシャンドリ・シルニ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
高木健太(日本)
奈良貴明(日本)

<フェザー級/5分3R>
田村一聖(日本)
鈴木琢仁(日本)

<ライト級/5分3R>
冨樫健一郎(日本)
アジズ・パフルディノフ(ロシア)

<フェザー級/5分3R>
内村洋次郎(日本)
ダニエル・リケイホ(スペイン)

<バンタム級/5分3R>
福島秀和(日本)
原田惟紘(日本)

<バンタム級/3分3R>
TSUNE(日本)
山本哲也(日本)

<フェザー級/3分3R>
杉山和史(日本)
堀江圭功(日本)

<バンタム級/3分3R>
神田T800周一(日本)
川村泰博(日本)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie