この星の格闘技を追いかける

【ADCC2017】99キロ超級 関根秀樹、前回世界王者にかく戦えり

Sekine【写真】初戦で前回優勝のサンチェスとの対戦となった関根は、延長戦までもつれ込む健闘を見せた (C)SATOSHI NARITA

9月23日(土・現地時間)と24日(日・同)の2日間、フィンランドのエスポーにあるエスポー・メトロ・アリーナでアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション・レスリング選手権が行われた。

2年に1度のノーギグラップリングの世界最高峰の舞台で行われた戦い。今回は99キロ超級で前回大会の世界王者に挑んだ関根シュレック秀樹の試合をお伝えしたい。


01<99キロ超級一回戦/10分1R>
オーランド・サンチェス(米国)
Def. by 2-0
関根秀樹(日本)

02いきなり前回優勝のサンチェスとの対戦となった関根。試合開始早々、引き込みがすっぽ抜けるような形で後ろに倒れると、サンチェスはすかさず関根のガードの中に。”tree stump”(切り株)との異名を持つ特殊体型を活かし、このまま強力なベースで上をキープするのがサンチェスの必勝パターンだ。

03慌てずにハーフガードを作った関根は、素早くも柔らかい動きでサンチェスの股間に潜り込み前方にバランスを崩し、さらに後転して上を狙うが、サンチェスもすかさず反応して上をキープする。さらにサンチェスは上半身で関根の両足を潰しながら、軽快に左右に飛んでのパス狙い。関根も両腕のフレームとエビの動きで対応してハーフに戻す。

その後も。関根の下からの仕掛けをサンチェスが顎を手で押さえつけ、また脇を指す等して防ぐ形で時間が過ぎていく。本戦終了前に関根はディープハーフを作り、サンチェスの足を抱えて立ち上がりにかかるが、サンチェスはここでもすかさず足をぬいて防御した。

04延長戦に入ると、引き込みはマイナスということもあり、立ち技の攻防が続く。やがて前に出て双差しになりクラッチを作ったサンチェスが、そのまま押し倒してのテイクダウンに成功。場外ブレイクによる中央での再開後も、その巨大な上半身をもって関根の背中を付けさせてポジションを固定し、2点を先制した。

05終盤スクランブルを試みる関根だが、サンチェスはがぶって対処。関根は巻き込みを見せるが、サンチェスは機敏に反応して上をキープしてそのまま勝利した。昨年、世界の名だたる最重量級柔術家の攻撃を封じ込んだサンチェスのトップゲームを、関根も攻略できずに終わった。サンチェスを焦せらせるまでには至らなかった感のある関根だが、負傷を押しての出場にあっても重いベースを誇る世界王者のバランスを下からの攻撃で何度か崩しかけた。これだけでも特筆に値する芸当といえよう。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie