この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS08】ダナ・ホワイト、火曜の夜の人材発掘シリーズ最終週。注目はケニー×アントリン

McGill【写真】マギルやクロウダーの出場はUFCだけ、唯一のメジャーという事実を証明しているのかもしれない (C)INVICTA FC

29日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFCトレーニングセンターでDana White’s Tuesday Night Contender Series 08が開催される。


ダナ・ホワイトの人材発掘シリーズ・シーズン01も最終週を迎え、5試合=10人のファイターがUFCとの契約を目指す。

最終回にもシリーズ2度目の参戦となる選手が1人いる。ケイシー・ケニーはシーズンで唯一、契約者が1人しか出なかった第2週でCJ・ハミルトンを相手に判定勝ちを収めているが、そのままステップアップとはならなかった。

2度目、そしてラストチャンスに賭けるケニーの相手、アダム・アントリンはタイでの試合経験もあるファイター。何より、このアントリンは第5週でUFCと契約を果たしたアレックス・ペレスに勝利し、タチパレス・ファイトのフライ級王者になっている実力者だ。一方的な勝利、タフファイトの僅差の勝利、他の4試合との巡りあわせもあるが、ラストウィークで最も質の高いファイトになることが予想されるケニー×アントリン戦だ。

また今回はBellatorとNASCARが合体したモンスター・エナジー・ベラトールMMAファイトシリーズの第1回大会でメインを務めたアレン・クロウダーや、Invicta FCで戦ったことがあるケリー・マギルなど、半メジャー経験者もトライアウトに挑むのも注目したい。UFCで戦うというスタート手地点に座ることができる──最後のイスを勝ち取ることができるのは、誰になるか?!

■DWTNCS08対戦カード

<ライト級/5分3R>
マット・フレヴォラ(米国)
ホゼ・フローレス(米国)

<ミドル級/5分3R>
エリアス・アルビナ(米国)
ベヴォン・ルイス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アレン・クロウダー(米国)
ドンテイル・メイス(米国)

<フライ級/5分3R>
アダム・アントリン(米国)
ケイシー・ケニー(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ケリー・マギル(米国)
ローレン・ミューラー(米国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie