この星の格闘技を追いかける

【Pancrase289】粕谷優介と対戦、松嶋こよみ―02―「世界へ行くためにMMAをMMAとして戦う」

Koyomi【写真】強烈な突破力が武器の松嶋が、丁寧さを見せるとどのようなファイトとなるのか(C)MMAPLANET

20日(日)、東京都江東区のディファ有明で開催されるPancrase289でUFC還りの粕谷優介と対戦する松嶋こよみインタビュー後編。

粕谷戦を前にナチュラルボーンMMAファイターをameba TVが制作する格闘家の1日を追うドキュメンタリー番組=ONE DAY密着した。

粕谷を相手に松嶋はどのような戦いをする必要があるのか。その先を見据えているからこそ――の松嶋のMMAとは?

<松嶋こよみインタビューPart.01はコチラから>


――パンクラスイズム横浜に移籍したことで、自らの成長も感じられるなかでUFC還りの粕谷選手と戦います。サブミッションファイターでありながら、極真時代に培ったミドルキックも強力な選手です。

「距離が長い打撃を使って、スイッチを多用しているので、そこに関しては自分と似ているところがあります。接近戦でも四つが強いです。一筋縄でいく相手ではない。ただ、打撃はそれほど気にしていないです。

ミドルが強いことは意識していますが、そこの部分では僕も自信がないわけじゃないし。打撃は大丈夫。そこよりも極めですね。極めに関して粕谷選手は特別なモノがある。テイクダウン後の処理などが雑になると、関節や絞めをどんどん狙ってくるでしょうね。どれだけ丁寧に戦えるかが大切になってくると思います。

どれだけ殴っても極めは狙ってきそうですし、やはり一流の選手です。そういう粕谷選手の得意な流れにしないことが大切で、逆に自分の試合を3Rやり切りたいです」

――UFCで戦ってきた相手よりも、松嶋選手の圧が弱いと感じると、粕谷選手は戦いやすくなります。

「それは絶対にあると思います。プレッシャーもそうですが、スピードを大切にしたいです。踏み込みのスピードなど、粕谷選手を驚かせる自信はあります。

僕の目標はUFCだし。その圧力のなかで僕は戦って勝っていかなければならない。マルロン・サンドロと試合をして、入場の時から『大きくない?』って感じた。あの経験は大きかったと思います。それが強い選手と戦うということだと分かりました。そういう圧を持っている選手が、ここでの練習にはたくさんいるので。十分にやり合えると思っています」

――松嶋選手の良さを存分にぶつけることができる相手ではないでしょうか。

「ランキング云々よりも、UFCへ行くためには本当に強い選手、世界的に認められた選手に勝たないといけないです。なので元UFCファイターと戦いたかったです。

ここで勝てなかったら、UFCで戦いたいなんて口にでも出せない。本当に大切な一戦です。気持ちの部分でも違ってきています。以前は倒すことが気持ち良かったけど、UFCを見ていてもしっかりと細かいことができている人がスタンドで倒し、グラウンドで極めている。

そこを目指すには一から気持ちを創りなおさないといけなくて。それができたから、スタイルも変化してきたはずです。苦しくても最後まで攻め続ける。相手の心を折るぐらいのしつこさを見せたいです。今の僕に必要なところはそういう部分だと思います」

――直接、この試合には関係ないのですが、ロランド・ディが6月にUFCデビューを果たしたことに関して、穏やかな気持ちでいられましたか。

「ハハハハ。しっかりと見ました。何なんスかね。インスタでUFCと契約したことを挙げていた時に『嘘だろ、お前』って思いました(笑)。本当にシンガポール大会に出ていて、悔しくてしょうがなかったです。しかも、良いところなく負けて……。

僕の雑な部分があの時の負けを生んだ。勝てない、いつも負ける相手じゃない。彼がUFCにいけるということは、もっと成長してUFCで勝てる選手になりたいと思います。

あの時は怖さを知らなかった。天狗になっていた部分もありました。調子に乗っていました。あの負けがあって、またサンドロに負けて、勝利への拘りが強くなりました。この2試合の映像を何度も見て、自分のダメなところを見直して、悔しさを倍増させて、戒めとしています」

――慎重なだけの試合は多くの選手にできます。大胆なだけの選手もいます。松嶋こよみはこの2つを上手く融合し、大胆かつ慎重な動きを試合で見せてくれることを期待しています。

「ハイ。しっかりとMMAをやろうと思います。打撃で勝ちたいならK-1に出れば良い。世界で戦うためにMMAをMMAとして戦いたいです」

■Pancrase289対戦カード

<ネオブラッドTライト級決勝/3分3R>
太田裕稀(日本)
深谷誠(日本)

<ネオブラッドTフェザー級決勝/3分3R>
木村一成(日本)
堀江圭功(日本)

<ネオブラッドTバンタム級決勝/3分3R>
山本哲也太(日本)
髙城光弘(日本)

<ネオブラッドTフライ級決勝/3分3R>
川端康太(日本)
渡辺竜(日本)

<ネオブラッドTストロー級決勝/3分3R>
松村慶(日本)
高島俊哉(日本)

<フライ級KOPT/5分5R>
[王者] マモル(日本)
[挑戦者] 仙三(日本)

<ストロー級挑戦者決定戦/5分3R>
室伏シンヤ(日本)
小塚誠司(日本)

<フェザー級/5分3R>
松嶋こよみ(日本)
粕谷優介(日本)

<ウェルター級/5分3R>
高木健太(日本)
佐藤天(日本)

<フェザー級/5分3R>
ISAO(日本)
カイル・アグオン(グアム)

<パンクラス×DEEP対抗戦ミドル級/3分3R>
佐藤光留(日本)
桜井隆多(日本)

<パンクラス×DEEP対抗戦バンタム級/3分3R>
瀧澤謙太(日本)
北田俊亮(日本)

<パンクラス×DEEP対抗戦フライ級/3分3R>
安永有希(日本)
柴田“モンキー”有哉(日本)

<パンクラス×DEEP対抗戦フェザー級/3分3R>
横山恭典(日本)
大原樹里(日本)

<パンクラス×DEEP対抗戦フライ級/3分3R>
荻窪祐輔(日本)
安谷屋智弘(日本)

<バンタム級/5分3R>
藤井伸樹(日本)
リッチー・ヴァスリック(豪州)

<フライ級/5分3R>
上田将竜(日本)
小川徹(日本)

<ストロー級/5分3R>
井島裕彰(日本)
八田亮(日本)

<フェザー級/3分3R>
松岡嵩志(日本)
近藤 孝太(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie