この星の格闘技を追いかける

【UFN106】TDを取れないヤヒーラ、ガス欠ファイトが機能せずソトに完敗

<バンタム級/5分3R>
ジョー・ソト(米国)
Def.3-0:29-27.29-27.29-28
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)

放れて左右に動くヤヒーラが前に出て細かいパンチから左ハイを見せる。ソトは右オーバーハンドを返し、前進に右を合わせようとする。蹴り始めに右を合わされバランスを崩したヤヒーラがすぐに立ち上がる。ヤヒーラは飛びヒザを見せ、左の蹴りを多用する。右ハイも繰り出すヤヒーラがどのタイミングでテイクダウンを狙うのか。

ヤヒーラの小外掛けを防いだソトはガードを固めて、右を伸ばす。そのソトのシングルをカットしたヤヒーラは目を気にしたソトにショートを連打も、前蹴りで尻餅をつかされる。スタンドに戻り、残り30秒でヤヒーラがテイクダウンに成功。ギロチンを抜けてハーフから抑えたヤヒーラはフックガードに崩れる初回を戦い終えた。

2R、オーソからワンツー、右ローを繰り出すヤヒーラだが、頭が上がってソトが大量の流血に見舞われる。レフェリーの中途半端な処理で、しばらく試合は続いたが試合が中断される。戦いはリスタートされたが、この流血は尋常な量ではない。しかし、ソトは顔面を真っ赤に染めながら、テイクダウンに成功しバックへ。回転しながら起き上がって離れたヤヒーラは左ジャブを伸ばす。さらに左ミドルを入れたヤヒーラ、テイクダウン狙いは失敗したが細かいパンチを当てていく。

ソトはシングルを切って、引き込むヤヒーラの寝技には付き合わない。しかし、スタンドで細かいパンチを多く見せるヤヒーラだ。そのヤヒーラが、またもテイクダウンを失敗。ギロチンには背中をつけて逃げて、スクランブルから試合をスタンドへ。懸命のテイクダウン狙いを切られ、ヤヒーラは勝ちパターンに持ち込めない。互いに肩で息をしつつ、ソトが右ボディストレートを入れる。

完璧なタイミングに見えたダブルレッグも、そこから押し込めず切られたヤヒーラは、完全に疲れたか。打撃戦で劣勢になり、組んで引き込むように下に。鉄槌、パンチを落としたソトは酷い流血のなかで光明を見出すラウンドとなった。

最終回、左を伸ばして前に出るソトが、右ミドルを蹴り込む。ヤヒーラのパンチは届かず、テイクダウンを切られる。がぶって10フィンガーギロチンのソトに対し、背中をマットに着けて防いだヤヒーラが、亀で固まる。背中を返り血で真っ赤に染めたヤヒーラは動けず、パンチを被弾し続ける。ガードに戻してたヤヒーラが、何とすぐにパスを許してしまう。

ヤヒーラがパスから、ニーインベリーを取られるなど、これまでにない姿を見せる。試合はサイドバックからパンチを続け、首を取りつつバックを伺うソトの一方的なペースへ。シングルを切ってパンチを落とし続けるソト。動けないヤヒーラは、ここは2Pを失うことになるだろう。

しかも、まだ試合時間は2分も残っており、引き込んだヤヒーラをソトが再びパス。腹ばいになってもがぶられて殴られるヤヒーラは、チョークに背中をつけてヒジを被弾。マウントを懸命に耐えるという守りに徹する時間が続く。

腕十字を逃げたヤヒーラがようやく上を取れたが、ソトがスクランブルから立ち上がる。ソトも疲れ、パンチを受けるシーンも見られたものの、最後はテイクダウンで締めて試合終了に。

「テイクダウン狙いは分かっていたので、そこをカットすることを頭に置いていた。ちゃんとファイト・キャンプを張れると違う。6試合ほどショートノーティスの試合が続いていたから。今日はベストパフォーマンスだった」と3‐0で勝利したソトは試合を振り返った。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie