この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX10】ミオシッチ、ナパォン相手に余裕の判定勝ち

2014.01.26

<ヘビー級/5分3R>
スタイプ・ミオシッチ(米国/8位)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 29-28
ガブリエル・ナパォン(ブラジル/12位)

右ローを蹴り込むナパォン。ミオシッチも左ローを返す。両者が右が交錯、ナパォンは頭を下げて額を突きだすようにパンチを出す。右をヒットさせたナパォン、ミオシッチの左に大きな右を返す。しっかりとガードを上げ、顔面を守るナパォンだが、ボディは逆にがら空きになる。ミオシッチのローをキャッチし、テイクダウン狙いから組みついていったナパォン。距離を取ったミオシッチが向き合って、左ジャブを入れる。ミオシッチの左ローに右を合わせようとしたナパォン、今度は右ローにもパンチを合せていく。残り1分を切り、テイクダウンを取ったナパォンが初回を取ったか。

2R、ミオシッチのジャブに苦しみ、踏み込みがなく拳を振り回すパンチが増えたナパォン。さらにローで前足を潰される。ハイを放つも、かわされゴツゴツとしたミオシッチのパンチを受けたナパォンは、動きが落ちる。左ジャブから右ストレートを矢継ぎ早に見せるミオシッチは、左ミドルも交えナパォンを追い込む。2度、3度とテイクダウン狙いを切られたナパォンが、立ち上がり際に振るった右がミオシッチの顔面を捉えるが、続く一手が出ない。ミオシッチは右アッパー、ロー、左ストレートから右ボディとナパォンを攻め続けた。

3R、左ジャブを伸ばすミオシッチ。ローから右を返すナパォン。動きが重くなったナパォンだが、手は出し続ける。ボディを打たれ、下がるナパォンはローにショートの連打を受ける。頭を下げて、高いガードを取りつづけるナパォンは、ローを受ける。テイクダウン狙いを切られたナパォンは、自ら攻撃を仕掛けるシーンがほとんどなくなり、ミオシッチに合せた動きがほとんどになっている。残り2分30秒、ニータップでテイクダウンを打ったミオシッチが、鉄槌を落して立ち上がる。ガードのナパァオンは立ち上がり際に足を滑らせて再びガードを取る。

左に回りながらパウンドを落すミオシッチは、ナパォンが上体を起こすとアッパーを狙う。座り込んでハーフから鉄槌、さらに勢いのあるパウンドを連打されナパォンは守勢の一本槍に。さらに鉄槌、パンチ、エルボーを落すミオシッチ。体を起こしてダックアンダーからバックを伺ったナパォンの動きはかわしたミオシッチが余裕の表情で試合終了の時を迎えた。結果、ミオシッチが問題なく判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie