この星の格闘技を追いかける

【UFN30】打撃で流れ掴み、イアキンタが判定勝ち決める

2013.10.27

<ライト級/5分3R>
アル・イアキンタ(米国)
Def.3-0: 29-28, 30-27, 30-27
ピヨトル・ホールマン(ポーランド)

試合開始早々バックを取ったイアキンタがテイクダウンを狙うが、倒し切れない。距離を取った両者、ホールマンのローにイアキンタは、ボディストレートを伸ばす。ホールマンのローをキャッチしたが、組みつけなかったイアキンタは、ヒザ蹴りをボディに受ける。左に回るイアキンタに左ハイを見せたホールマン、ダブルレッグも切り、ローから左を伸ばす。

右から左をホールマンが打ち込むと、イアキンタが右を返す。ホールマンは左ボディから右フックを狙うなど、打撃のプレッシャーではイアキンタを上回っているか。イアキンタは左ミドルを蹴り込むが、角度を外して攻撃する蹴りは続く、打撃に結び付けることはできない。残り20秒、シングルを決め切れなかったイアキンタに対し、ホールマンがダブルレッグを決めて初回を締めた。

2R、イアキンタのハイをキャッチしてテイクダウンに成功したホールマンだが、立ち上がったところでパンチを被弾する。イアキンタはローから左フック、ホールマンがショートのフック、テンカオを蹴り込むが、右フックを受けて動きが止る。再度、右を受けて倒れそうになったホールマンは組みついていくが、イアキンタが切る。パンチを受けてテイクダウン狙いで時間を稼いだホールマンだが、続いて右ミドルを放った際にバックを取られる。胸を合わせた直後に距離を摂り合った両者、イアキンタが左フックから右を打ち込み2Rを取った。

最終回、打撃戦のなかでダブルレッグを狙ったホールマン。イアキンタはスプロールから距離を取り直し、左を放つ。イアキンタのローにテイクダウンを合せようとしたホールマンだが、これは決らない。後ろ回し蹴りを見せたホールマン、シングルのフェイントから左をヒットさせる。と、続く打撃の交換でイアキンタの目に指が入り試合が中断に。再開後、やや遠い距離での打撃戦が続く。と、ホールマンの右がヒット。イアキンタは下がりながら、パンチを当てるがホールマンがダブルレッグダイブでテイクダウンへ。スイッチの攻防から、スクランブルになり、スタンドで試合が再開すると組みついたイアキンタが、ケージにホールマンを押し込む。

残り1分、ケージ際でパンチの打ち合いから、オクタゴン中央に移動すると、ホールマンの蹴りにイアキンタが組みつき、ダブルレッグで尻餅をつかせる。ホールマンが立ち上り、イアキンタとパンチの交換を続けたところで試合はタイムアップに。ジャッジは3-0でイアキンタの勝利を支持した。

PR
PR

関連記事

Movie