この星の格闘技を追いかける

【REAL05】トップを取り切った飯島が、パウンドでアビヂミタリップウウルに3-0で勝利

<フェザー級スペシャルマッチ/5分2R>
飯島貴幸(日本)
Def.3-0:20-19.20-19.20-19
ダスタン・アビヂミタリップウウル(キルギス)

サンディエゴのビクトリーMMAでトレーニングを積んできた飯島が、MMAデビュー戦のアビヂミタリップウウルと対戦。ロングフックを振るう18歳のアビヂミタリップウウルに対し、飯島はダブルレッグでテイクダウンを奪う。足を一本抜いた飯島は一気にマウント狙い。ブリッジで逃げるアビヂミタリップウウルがスタンドへ戻ることに成功する。右ローを蹴った飯島に対し、アビヂミタリップウウルはテイクダウンを嫌がってが手数が少なくなる。

それでもハイキック、右のロングを伸ばすアビヂミタリップウウル。続く右ローが急所に入り試合が中断する。再開後、前に出て右ストレートを入れたアビヂミタリップウウルはテイクダウン狙いをギロチンで切り返す。トップを取り切った飯島は腕十字を防ぎアキレス腱固めへ。ここでトップを取ったアビヂミタリップウウルが一気に腕十字を仕掛ける。これを防いだ飯島、寝技になると一気にアビヂミタリップウウルの動きが良くなった終盤だった。

2R、アビヂミタリップウウルのローを受けた飯島が一気にテイクダウン。足を一本抜いて脇腹にパンチを入れる。頭を抱えるアビヂミタリップウウルは強引なブリッジからスタンドへ戻りギロチンを狙う。頭を抜いてトップを取った飯島が左のパウンドを落とす。飯島はアビヂミタリップウウルの腕十字を察知し、右のパウンドを勢いよく落とす。頭を抱えるのみとなったアビヂミタリップウウルは懸命にクローズドガードを続ける。

残り90秒、ケージを蹴って腰を切るアビヂミタリップウウルの顔面が流血で真っ赤に染まっている。そのままトップからパウンドを落とした飯島。アビヂミタリップウウルが最後に腕十字を狙ったところでタイムアップに。結果、飯島が3-0の判定勝ちをモノにした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie