この星の格闘技を追いかける

【Polaris02】間違ったショーマンシップ? 挑発しあったアガザームとストラウスは痛み分け

<ノーギ/15分1R>
AJ・アガザーム(米国)
Draw
ダニエル・ストラウス(英国)

90キロ契約マッチに挑む79キロのアガザームにブーイングが起こる。マット中央で睨み合う両者、ストラウスがシッティングガードへアガザームはその周囲を歩き、一気に飛び込みパスを狙う。ハーフを取ったストラウスのギロチンに狙いを察知したアガザームが離れる。側転パスからサイドを取りかけたアガザームに対し、ストラウスはアームドラッグからバックを窺う。離れたアガザームが距離を縮めるとストラウスは再びギロチンへ。

後方に下がったストラウスが立ち上がると、即アガザームがダブルレッグを決める。ストラウスの三角絞めを防いだアガザームが足関節へ。ロールして防いだストラウスのギロチンにも前転で逃れたアガザーム、両者が何やら言葉を発し挑発しあう。アガザームの動きに対し、スクランブルに持ち込んでギロチン狙いのストラウス。アガザームが離れて背中を見せると、ブーイングが起こる。

シッティングのアガザームにストラウスはここでもギロチンを仕掛け、首を抜いたアガザームの胸を押す。直後にシッティングからかなり強めに胸を蹴り上げるストラウスに対し、アガザームは再び側転パスへ。鼻血が出てタイムを求めたストラウスは鼻にティッシュを詰めて、そのままアガザームに襲い掛かる。アガザームはダブルレッグでテイクダウンを奪うと、足関節を狙うもすっぽ抜ける。続いてシングルでテイクダウンを奪ったアガザームだがマット際だったため中央で、スタンドで再開に。

アガザームのテイクダウンにキムラ&三角のストラウス、立ち上がったアガザームはジャンピングガードも自爆するように背中からマットへ一人スラムのような形で落ちる。それでも慌てずシッティングを取るストラウスに対し、ギロチンを取らせながらパスへ。起き上がったストラウスは、バックを譲らないように引き込む。

ギロチンとキムラしかないストラウスだが、受け身のファイトのなかでアガザームの足関狙いにアンクルロックへ。場外へ出ると、アガザームは足を差し出してもう一度仕掛けろと挑発。と、飛び込んでトップを奪う。試合が再びスタンドに戻ると、ローシングル、続いて引き込んだアガザーム。こうなるとストラウスは攻め手がない。続いてテイクダウンから足関節を狙ったアガザームからバックを取りかけたストラウス。離れたアガザームはシングルからシッティングも起き上がって、両手を後方で組んで頭を差し出す。

ギロチンで応えたストラウスだが、アガザームはテイクダウンからトップに。ここでチョット間違ったようなショーマンシップが多かった両者の対戦はタイムアップに。試合後のインタビューでキーナン・コーネリアス戦をアピールし「これはウォーミングアップ」と言い放ちブーイングを浴びる。その後、ストラウスを褒めたアガザームにも観客はやや否定的なリアクションを見せた。

そして「キーナン・コーネリアス、見ているんだろう。分かっている」とアガザームを真似たストラウスに大きな声援が送られた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie