この星の格闘技を追いかける

【Polaris02】ホビーニョ、パスから腕十字。バレットはクルスフィック、持ち味発揮も痛み分け

<道着/15分1R>
ホブソン・モウラ(ブラジル)
Draw
バレット・ヨシダ(米国)

引き込んでハーフガードを狙ったバレット。ホビーニョはパスを狙うが、足を越させることはない。腰を切って足を抜いたと思った直後に逆の足を差し入れるバレット。ならばと逆側に体を振ってホビーニョがパスに成功した──と思ったら、すぐに足を戻している。常にパスのプレッシャーをホビーニョが掛けるも、肩越しから右手を伸ばし帯を掴んだバレットがフルガードに戻す。

ハイガードのバレットに対し、立ち上がって担ぐホビーニョ。ニースライドなどプレッシャーを強めるホビーニョは、やがてパスに成功すると即腕十字へ。右腕が伸びかけたバレットだが、バレットはホビーニョを体を跨ぐようにして腕を抜くと、リバースのボディロックからクルスフィックと得意の形に持ち込む。

ホビーニョはバレットの右手首を掴んでチョークを防ごうとし、バレットは襟を掴んでクルスフィックを維持する。右手を両足で挟んで伸ばしにかかり、かつ絞めのプレッシャーを強めるバレットに対し、ホビーニョはクルスフィックに足を絡め、体を反転させてトップを奪取する。ホビーニョはニースライドパス、ガードに戻したバレットは左手でラペラをガードの左足の上から取り、右手で帯を掴む。バレットがクローズドガードに戻したところでタイムアップとなった。

ホビーニョは「バレットはタフ。腕を取ったけど、彼はレジェンドだよ。この結果には満足して家に帰ることができるよ。ポラリス、タタミに英国の人に感謝している。シャワーを浴びて残りの試合を見るよ」と語ると、バレットは「ホビソンは凄くテクニカル。僕が青帯の時に茶帯から黒帯と世界チャンピオンになっていた。道着? ノーギも道着も問題ないよ」と話した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie