この星の格闘技を追いかける

【UFN73】That’s ロショルト・タイム。トップコントロールで逃げ切る

<ヘビー級/5分3R>
ジャレッド・ロショルト(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
ティモシー・ジョンソン(米国)

右ジャブを伸ばすジョンソン。ロショルトは右ストレートを空振りも、ジョンソンの左に合わせて組みつきケージに押し込む。ジョンソンが押し返すが、ロショルトは左を差しあげて右のパンチ。と、左に振ったジョンソンがロショルトに尻餅をつかせる。ロショルトはすぐに立ち上がるがテイクダウンゲームで先手を取られて、心理的なダメージはないか。

そのロショルトをジョンソンはケージに押し込み続けるも、残り1分50秒でレフェリーが両者を分ける。右フックを伸ばしたジョンソンにシングルレッグを決めたロショルが一気にマウンドへ。抱えられた頭を抜くためにジョンソンの右サイドに一旦回り、頭を抜くと体を乗り越えて左サイドへ。サイドから抑え込みからエルボーを入れるロショルト。鉄壁のコントロール術を持つロショルトが、そのままトップをキープした。

2R、右フックで前に出るジョンソンをケージに押し込んだロショルト。金網際で2度、3度と態勢を入れ替えるなか、ロショルトが右エルボーを放っていく。ジョンソンは右フック、ロショルトも荒い右フックを振るうが空振りとなり、ジョンソンが組みつく。ケージに押し込まれながら、ボディロックで逆にテイクダウンを奪ったジョンソンだが、スクランブルの攻防ではやはりロショルトが一枚上、ハーフで抑え込まれてしまう。ハーフからエルボー、続いて鉄槌を落とすロショルトがパス狙い&アームロックの態勢に。逆の腕をヒザで抑えられ身動きの取れないジョンソンに対し、ロショルトは技を解いてパンチ。観客のブーイングのなか、ロショルトがしっかりとトップで抑え込み続けた。

最終回、ロショルトのテイクダウン狙いをスプロールしたジョンソンが右のパンチを入れていく。それでもシングルでテイクダウンを取ったロショルト、首を抱えたジョンソンは立ち上がることができない。ケージに詰まった状態でキムラを狙ったジョンソンが、背中を預けながら立ち上がる。金網にジョンソンを押し込むロショルト、即ブレイクが掛かる。残り2分20秒、飛びヒザを見せるジョンソンは疲れたロショルトにショートフックを連続で打ち込む。ここでは両ワキを差してケージにロショルトを押し込みながら、右ワキを差し返され態勢を入れ替えられてしまう。

残り1分で自ら離れたロショルトは、高い腰のままでジョンソンをケージに押し込もうとするが、フックを連続で被弾し足元がふらつく。しかし、残り10秒を切りジョンソンはテイクダウンを選択。KOでなく最終回を取りにいったことになるが──果たしてジャッジの裁定は3者とも29‐28でロショルトが勝利した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie