この星の格闘技を追いかける

【Pancrase266】レッツ豪太<02> 「フィニッシュできるようになりたい…じゃなくてなります」

Lat's Gota【写真】同階級の村山×ダニエル・ロバーツ戦も行われる大会が、ウェルター級王者はどのような試合をマーティン・サノ相手にやってのけるか(C)TAKUMI NAKAMURA

26日(日)、東京都江東区のディファ有明で開催されるPANCRASE 266で、ニック・ディアス・アカデミーのマーティン・サノと対戦する第7代ウェルター級キング・オブ・パンクラシストのレッツ豪太インタビュー後編。

コブラ会で切磋琢磨する先輩2人=ストラッサー起一& 岸本泰昭の存在、そしてパンクラス王者としての王座防衛とUFC参戦という目標について語った。
<レッツ豪太インタビューPart.01はコチラから>

――いつ頃からUFCという目標を持つようになったのですか。

「プロになりたての頃はチャンピオンになることが目標だったんですけど、パンクラスでベルトを巻いてからUFCに出たいという目標を明確に持つようになりました」

――体格的に日本人がウェルター級でUFCを目指すというのは軽量級以上に難しい部分があると思います。レッツ選手は自分のどこを伸ばしたいと思っていますか。

「フィニッシュ力ですかね。あとはスタミナも強化しないといけないし…でもそうやって言い出したらキリがなくなる(苦笑)。とにかく今はフィニッシュ力です。パンクラスの上位ランカーはレベルが高いので、フィニッシュして勝つことは難しいかもしれませんが、それできっちりフィニッシュできるようになりたい…じゃなくてなります。きっとそのくらいのレベルになったらUFCに行ける気がします。僕的にはあとちょっとだと思うんですけどね、なんとなく(笑)」

――UFCで戦う同階級のストラッサー選手と一緒に練習していて、何か感じるものはありますか。

「本当にすごいと思うし、色々と勉強になります。僕にとっては見本になる存在なので……ハイ」

――ずばりライバル視している部分もありますか。

「そうですね。同階級ですし、いつか練習では勝ちたいと思っています。だから多少はライバル視はしているんだと思います(笑)」

――ストラッサー選手とはスパーリングする機会も多いのですか。

「今、起一さん、岸本さん、RYOさん、田村(ヒビキ)さん、下石(康太)さん。あとコブラ会に日体大出身のレスラーで藤本さんという人がいて、そのメンバーでスケジュールを合わせて練習しています。LINEで“重量級組”というグループを作って、時間と場所を決めて参加できるメンバーで集まって、みたいな」

――どういう経緯でそのメンバーが集まったのですか。

「僕も定かじゃないんですけど、起一さんか岸本さんがきっかけで、そこに僕も誘われた感じです。他にも岸本さんはボクシングジムやチーム吉鷹を紹介してくれて、起一さんからはメンタル面のことをアドバイスしてもらって、僕にとって2人はジムの先輩で、常に僕を引っ張って行ってくれる存在です」

――2人がいなかったら今の自分はいない、ですか。

「そうかもしれないです。それこそ間違った練習をやり続けている可能性はあるというか。もしかしたら今でも格闘技より筋トレの時間の方が長かったかもしれないです(笑)」

――レッツ選手にとって今年最初の試合ですが、今年はどんな1 年にしたいですか。

「何試合できるかは分かりませんが、年内に防衛戦があると思うので、そこをきっちりクリアしたいですね。同じ大会に村山(暁洋)選手が出て外国人選手(ダニエル“ニンジャ”ロバーツ)と戦うので、その結果でどうなるのかな? とにかく誰が来ても、防衛戦でもノンタイトルでもしっかり勝ちます。内容を伴う勝利を積み重ねていくことがUFCへの近道だと思います」

■Pancrase266対戦カード

<バンタム級/3分3R>
飯嶋重樹(日本)
瀧澤謙太(日本)

<バンタム級/3分3R>
統好(日本)
山口亮(日本)

<第21回ネオブラッドTミドル級1回戦/3分3R>
大場慎之助(日本)
ボブ・アームストロング(ニュージーランド)

<第21回ネオブラッドTミドル級1回戦/3分3R>
荒井勇二(日本)
ジョシュア・ロビソン(米国)

<第21回ネオブラッドTウェルター級1回戦/3分3R>
マンモス谷部(日本)
丸山数馬(日本)

<第21回ネオブラッドTウェルター級1回戦/3分3R>
上原広誉(日本)
阿部大治(日本)

<第21回ネオブラッドTライト級1回戦/3分3R>
ロン・スローター(米国)
小林裕(日本)

<第21回ネオブラッドTライト級1回戦/3分3R>
西川純矢(日本)
NORIMICHI(日本)

<第21回ネオブラッドTフライ級1回戦/3分3R>
ヤックル真吾(日本)
後藤琢也(日本)

<第21回ネオブラッドTライトフライ級1回戦/3分3R>
田丸慶輔(日本)
大津ヒロノブ(日本)

<第21回ネオブラッドTライトフライ級1回戦/3分3R>
高橋達也(日本)
アウトロー竜治(日本)

<フェザー級/5分3R>
マルロン・サンドロ(ブラジル)
ISAO(日本)

<フェザー級/5分3R>
ガイ・デルモ(米国)
高谷裕之(日本)

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
奥野“轟天”泰舗(日本)

<ウェルター級/5分3R>
レッツ豪太(日本)
マーティン・サノ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
村山暁洋(日本)
ダニエル・ロバーツ(米国)

<ライトフライ級(-52.2kg)初代王者決定戦進出T決勝戦/5分3R>
阿部博之(日本)
宇都木正和(日本)

<ウェルター級/3分3R>
佐藤洋一郎(日本)
KAZZ(日本)

<スーパーフライ級/3分3R>
山本あつし(日本)
北郷祐介(日本)

<フェザー級/3分3R>
土肥潤(日本)
蓮實光(日本)

<ライト級/3分3R>
クリスMAN(日本)
ロビー・オストヴィッチ(米国)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie