この星の格闘技を追いかける

【UFC154】ガーザ、ホーミニックのガードを潰してパウンド&ヒジで圧倒

2012.11.18

<フェザー級/5分3R>
パブロ・ガーザ(米国)
Def.3-0:29-27、30-26、29-28
マーク・ホーミニック(カナダ)

ガーザの左フックから右エルボーに対し、ホーミニックがローを放っていく。ホーミニックは右をタッチすると、前蹴りにローを合せる、接近戦でガーザのフックをかわし、再び距離が近づくと、ワンツーを打ち込む。前に出てヒザを突き上げるガーザ、ホーミニックは一旦距離を取ってアッパーで前に出る。

ガーザもローを返すなど、序盤から積極的な攻防が見らえる。スイッチから左ミドルを放ったガーザは、ホーミニックの右ストレートで一瞬動き止る。組みついたガーザを投げたホーミニックだが、ガーザはガードから腕十字へ。立ち上がって、ガーザを振り落したホーミニックがパウンドで攻めていく。蹴り上げから立ち上がったガーザは、再び右を受ける。ホーミニックの左ボディが効き、動きが止ったガーザは続く右でダウンするが、厳しい表情を受けながらも立ち上がる。

前に出て組みつくガーザは、ヒザを受けるもエルボーから左右のフックでホーミニックの動きを止める。ここでラウンドが終了したが、ホーミニックは左目の上下を大きくカットした。2R、カポエラのような大きな後ろ回し蹴りをジャンプしながら見せたガーザは、右を受けながらも前に出て左ハイ。組みついてバックに回ったガーザ、ホーミニックはガードを取る。

ホーミニックがガードから煽るが、ガーザは巧くバランスを取る。ケージに押し込まれパンチを受けると、スタースイープのような仕掛けを見せるホーミニックは、腕十字から足関節を狙う。エルボーで右の目の下大きく腫らして、カットもしているホーミニックに、ガーザのエルボーが連続で落される。

最終回、左ジャブを伸ばすガーザ。ホーミニックは組まれても、すぐに体を入れ替えて距離を取る。真正面からダブルレッグダイブをガーザ決める。スタースイープと蹴り上げの連係を見せるホーミニックだが、早く立ち上がりたい。

と、立ち上がったガーザに、ホーミニックはデラヒーバ・ガードのような形もみせる。インサイドにしっかりステイするガーザを突き放せないホーミニック、時間は残り90秒に。骨盤を蹴り上げて立ち上がろうとしたホーミニックを追いかけて組みつくガーザ。ホーミニックがオモプラッタに入るが、ガーザは腕を引抜いてトップへ。残り30秒となって鉄槌を落すガーザ、ホーミニックが腕十字を仕掛けるが、腕にぶら下がっているような状態になり万事休す。ここでタイムアップとなり、ガーザが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie