この星の格闘技を追いかける

【Copa Podio08】ミドル級GP、予選~準決。盤石のプレギーサ、パンザにアキレス腱固め有り!!

11月22日(日・現地時間)、リオデジャネイロのジナーシオ・ド・ボタフォゴにてプロ柔術大会コパ・ポジオが開催された。レビューpart 2となる今回は、3度目の開催となった大会の目玉=ミドル級グランプリの模様を紹介したい。

<ミドル級GP・グループ予選>

前回GPの覇者にして、今年の世界柔術にてアンドレ・ガルバォンを倒して世界一となったフィリッピ・プレギーサ・ペナは、今回もその力を遺憾なく発揮。グループ予選全試合において相手を圧倒して勝利を得た。グループ2位となったグレゴー・グレイシーとの対決も、内回りから背後を取るとマウント、バックと加点。一度は下になったものの再びスイープを決めて10-0で完勝してみせた。

もう一つのグループでは、極め業師ルイス・パンザが大活躍。下から回転して足を取って、50/50の体勢に持ち込んでからのアキレス腱固めで、グループ2位となったクラウジオ・カラザンスを含む3人から次々と一本勝ち。グガ・カンポス戦に至っては僅か10秒で極めてみせた。狙いが明白にも関わらず、下から相手の足を掴んで伸ばしてしまう仕掛けの強さは特筆すべき。足首を捉えても、より深くふくらはぎ辺りを捉えても一瞬でタップを奪う無類の極めの強さを見せつけた。パンザのアキレス腱固めは、ヒールが禁止されている競技柔術においては、膠着を誘発することが多い50/50のポジションを必殺の状態に変えてしまう点で画期的な技といえる。

かくして各リーグの1位と2位がぶつかる準決勝は、プレギーサ対カラザンス、パンザ対グレゴーの組み合わせとなった。

<ミドル級GP・準決勝>
フィリッピ・プレギーサ(ブラジル)
Def. 7-2
クラウジオ・カラザンス(ブラジル)

決勝での激突も期待された両者の対戦が、ここで実現。開始後すぐに両者とも下を狙ってダブルガードの体勢に。まずはここからカラザンスが下に潜り、バック狙いから上を取ってアドバンテージを獲得。しかしスイープの名手プレギーサも、下からカラザンスの右足を掴むと立ち上がって後ろに倒して2点を奪って逆転してみせた。

カラザンスも負けじと下から足を狙ってゆきアドバンテージをもうひとつ獲得すると、さらにそこから内側、外側と回転してのベリンボロ狙いへ。警戒したプレギーサが距離を取ってダブルガード状態を作ると、すかさずカラザンスは立ち上がって2点獲得。残り2分を切った時点で、アドバン2つ差でリードする展開に。

後のないプレギーサは、シッティングガードから長い左手を伸ばしてカラザンスの帯を取ると、そのまま立ち上がってカラザンスを押し倒しにかかる。カラザンスはうまく立ち上がって防ぐ。再びシッティングガードを作ったプレギーサは、ならばと左腕でカラザンスの右を小手に巻いて左足で跳ね上げてのスイープ狙い。かつてジャンジャック・マチャドも十八番としたこのスイープが見事に決まって、残り1分の時点でプレギーサが逆転に成功した。

ハーフ上で胸を合わせたプレギーサが足を抜いてパスを狙うと、そのタイミングを利用してカラザンスは、全てを賭けたブリッジでのリバーサル狙い。ここでプレギーサが見事な重心コントロールでこれを潰してパスに成功する。勝利を決定づけたプレギーサに対し、それでも諦めないカラザンスは動いて隙間を作って立ち上がると再び引き込んで強引に仕掛ける。プレギーサがこれに反応して再びサイドを作ったところで試合終了。

いわゆるモダン柔術系技術の名手でもあるプレギーサ。この試合においては、そのモダン柔術でカラザンスに追い込まれたところで、オールドスクールなスイープとパスを炸裂させての逆転勝利。ガルヴァオン戦を倒しての世界制覇はフロックでもなんでもなく、今後世界軽重量級はプレギーサ時代となるのでは、と思えるような見事な勝ちっぷりだった。

<ミドル級GP・準決勝>
ルイス・パンザ(ブラジル)
Def. アキレス腱固め
グレゴー・グレイシー(ブラジル)

すぐに引き込んだパンザは、予選での試合と同じく内回りから50/50を作り、下からアキレス腱固め狙いに。上からパンザのラペルや襟を掴んで距離を潰そうとするグレゴーに対して、アキレス腱固めのグリップをキープするパンザは、しきりに片足を振り子のように振って勢いを付けて崩しにかかる。やがて回転したパンザが腹這いとなりながら背筋を使って絞り上げるとグレゴーはタップ。予選で猛威を振るったパンザのアキレス腱固め。相手に読まれていても問答無用で極めてしまうあたり、まさに必殺技といえるだろう。

コパポジオ08、ミドル級GP決勝はプレギーサ×パンザ、3決はカラザンス×グレゴーの間で行われることとなった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN