この星の格闘技を追いかける

【RFA19】逆転RNCを極めたカラムは、階級落としてフライ級王座を目指す

<バンタム級/5分3R>
エイブル・カラム(米国)
Def.2R3分43秒by RNC
カール・ディートン(米国)

左ジャブを伸ばすカラムに対し、ディートンが左フックから右ミドルを蹴り込んでいく。カラムの右ストレートをサークリングでかわしたディートンが、ショートの連打から組んでテイクダウンを奪う。ガードワークに長けたカラムの右腕を背中越しにディートンが掴もうとする。これを防いだカラムは首を抱えて立ち上がろうとしたが、腰をコントロールして許さないディートンが、立ち上がり際にバックを制し重いパンチを落としていく。たまらずガードを取り直したカラムは、試合がスタンドに戻ると右ストレートを打ち込む。テイクダウン狙いを潰したカラムはバックに回り、スタンドながら両足をフックしRNCを狙う。腕を振りほどいたディートンが、カラムを前方に落とし再びトップを奪い初回を制した。

2R、ディートンは左フックから右ミドルと初回と同じ攻めを見せる。続いてシングルからダブルに移行してテイクダウンを奪うと、カラムのギロチンを防ぎ逆にパワーギロチンへ。カラムは背中をマットにつけて、この局面を逃れるもハーフで固められバックを許す。ワンフックから腰をコントロールし、起き上がりながらしっかりとトップをキープするディートンが、壁際の強さを見せる。と、カラムの起き上がり際にギロチンを仕掛けたディートンだが、カラムは足を絡めて頭を引き抜くと、逆にバックに回り込む。一気にRNCの態勢に入ったカラムが、自ら背中をつけてディートンの体を伸ばし逆転のタップを奪った。我慢の展開を一瞬にして切り返したカラム、極めの強さとともに大切さを見せつけた。カラムは勝利者インタビューで、次戦からフライ級に階級を落とすことは明言した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie