この星の格闘技を追いかける

【UFC144】試合後のコメント、日沖発&ペティスetc

2012.02.27

26日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催されたUFC144「Edgar vs Henderson」出場選手たちの試合後のコメント。第3弾はPPVオープニングマッチに出場した二人の外国人選手、そしてUFC2勝目を挙げた日沖発、対戦相手のバート・パラジェンスキーの声をお届けする。

日沖発
「試合に勝てて、とても嬉しいです。他の選手とは違う、自分らしい動きが完璧ではないにしても、見せることができました。バートは立ち技でくると思っていたので、びっくりするような展開はなかったです。体の様子を見て、少しでも早く試合がしたいです」

バート・パラジェンスキー
「寝技で自分がやりたいことができなかった。立って戦い、1Rで倒したかったんだけどね。自分の試合運びについては、また考え直して、より良くしていかないとね。今日は日沖の方が強かった。戦うってことは、そういうもんなんだよ」


アンソニー・ペティス
「試合に勝つのは、素晴らしい気分だ。2011年は、自分の価値を少し落としたけど、2012年は僕の年にして、タイトル挑戦権を取り戻したい。サウスポーからの攻めは自信を持っていた。左ハイを見せておいて、ハイキックを蹴っていったんだ。ファンあっての僕だから、良い試合をしたいと思っていた」

ジョー・ローゾン
「顔にキックをもらうなんて最悪だ。作戦は前に出て、テイクダウンしグラウンドで戦うことだったけど、上手くいかなかった。家に帰って、休み、充電したい」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie