この星の格闘技を追いかける

【TUF BR03 Finale】オリジナルTUF BR戦士、ペラルタに敗れる

2014.06.01

<フェザー級/5分3R>
ロビー・ペラルタ(米国)
Def.2-1:30-27, 29-28, 27-30
ホニー・ジェイソン(ブラジル)

試合はペラルタの右ローでスタート。ペラルタが左ローを放ち、右ストレートで前に出る。距離を取ったホニーはジャンピングニー、距離は合わなかったが観客席からどよめきが起こる。ペラルタは組んでホニーをケージに押し込むが、ホニーは小手投げで態勢を崩して腕を巻いたままバックを伺う。すかさず立ち上がりスタンドに戻ったペラルタに対し、ホニーはスピニングバックエルボーをヒットさせる。中盤、ペースを落とした両者、ペラルタが右を振るいながら組みついて、再びケージに押し込む。

離れたホニーは右ロー、前に出てくるペラルタにショートのワンツーを入れ、足払いで尻餅をつかせる。残り45秒、ペラルタの左ハイ、スピニングバックフィストをよけたホニーは、左を受けながら右を2発打ち込み、跳びヒザを空振りし後方に尻餅をつく。ここで初回が終了した。

2R、左フックから右を伸ばしたホニーだが、クリーンヒットはしない。ペラルタが組みつくが、ホニーは体をいれかえ大内刈りでテイクダウンを奪う。ハーフからもう一本足を抜こうとしたホニーに対し、ペラルタがテッポウでトップを取り返す。ホニーの三角絞めから十字も、手を引抜いたペラルタがスタンドへ戻り、ローを蹴り込む。ブレイク後ホニーが立ち上り、左ミドルをヒット。ペラルタのワンツーからスリー、3発目の右ストレートがホニーの顔面を捉える。ペラルタの右、ホニーのスピニングバックフィストから始まった乱打戦は、ペラルタ優勢となり試合は最終回へ。

3R、ハイタッチから最後の5分に入った両者。右の応酬に続く、ペラルタの左がホニーの顔面を捉える。ホニーは後ろ回し蹴りを見せるがペラルタがフックの連打で押し返す。左ボディを決めたホニーだったが、右手の指がペラルタの目に入り試合は中断される。ドクターチェックを拒否したペラルタは、試合再開に応じ跳びヒザと右ヒザをかわしたところで、パンチを伸ばしていく。

続く打撃戦は優劣つけがたく、互いに攻めあぐねている印象を周囲に与える。残り30秒になり、打撃戦のなかでホニーがダブルレッグで組みつき、小外掛けで尻餅をつかる。立ち上がったペラルタが逆にテイクダウンを奪い返したところでタイムアップに。結果は、ペラルタがスプリットで判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie