この星の格闘技を追いかける

【W-1】米でWarrior One、新旧TUF対決&元鉄人夫人も

2011.10.14

Couture15日(土・現地時間)、カナダを拠点に2009年3月より活動してきたWarrior One MMA(W-1)がフロリダ州マイアミのバンクユナイテッド・センターで、米国初大会「Reloaded」を行う。

【写真】元鉄人夫人キム・クートゥアー、現在連敗中で昨年10月以来の勝ち星を目指す (C) Esther Lin/STRIKEFORCE

メインイベントにはUFCで9勝5敗という戦績を残しながら、今年1月のWEC合併時の大量リリースで放出されたマーカス・デイビスが出場する。UFC離脱後はウェルター級に階級を戻し、カナダのMFCなどで3連勝中、通算戦績20勝8敗とする強豪は、チャック・オニールと対戦する。

オニールはTUFシーズン13で、準決勝で優勝したトニー・ファーガソンに敗れたものの、シーズンフィナーレでUFC正式デビューを果たした。しかし、クリス・コープに判定で敗れるや、即リリースの憂目に合っている。いわば、UFC新旧リリース組の対戦、8勝4敗のオニールに対し、歴戦の勇者というイメージを持つデイビスの優位は動かないか。


Davis【写真】ゴツゴツと真正面から戦うマーカス・デイビス。UFC最後の試合でライト級に落としていなければ、まだオクタゴンで戦っていた可能性も高い実力者 (C) MMAPLANET

打撃系、特にパンチで攻める印象が強いデイビスだが、その実、ヒザ十字やアキレス腱固めなど、足関節を繰り出す器用さも併せ持つ。TUFシーズン2ファイターとして、TUFシーズン13出演者に貫録を見せたい勝負だ。

米国の中堅MMAイベントでは、元UFC組をメインに、その他は地元カードで埋めるボクシングタイプの興行が増えているが、同大会もそのケースに近い。ただし、強豪ジムが多いフロリダでの開催ということもあって、ローカル勢同士の対戦がインターナショナル・レベルのマッチアップとなるケースがある。

それがセミファイナルで行われるライト級戦、ルイス・パロミーノ×エジソン・ベルト戦だ。ベラトールで活躍してきたパロミーノと、エリートXCでメジャーを経験しているベルト。ハイチ出身のベルトは、古き良きサブミッション・ファイティング=極め系のファイターで、足関節、特にヒールフックを得意としている。

Paromino【写真】髪の毛の色やスタイルにこだわるルイス・パロミーノ。メジャー路線に復帰するためには、エジソン・ベルトとのローカル・トップ対決に敗れることは許されない(C) KEITH MILLS

キャリア15勝7敗1分と2勝1敗というペースで来ているベルトは、敗れはしたもののイーブス・エドワーズやKJ・ヌーン、コナー・ヒュンらと対戦経験もある。一方、ルイス・パロミーノはペルー系米国人ファイターで、16勝7敗とベルトと似た戦績を残している。鋭い打撃が売りのパロミーノは、ホルヘ・マスヴィダルを破ったこともある。

打撃と関節、得意分野は違うが一発を持つフロリダ・トップ対決は、KOならパロミーノ、一本ならベルト、そして判定ならパロミーノという勝負になりそうだ。また同大会では女子MMAも組まれており、元鉄人夫人キム・クートゥアーがプロMMAデビュー戦のスージー・モンテーロと対戦する。

ランディ・クートゥアーとの離婚後もMMAに挑み続けるキム。戦績は3勝5敗と振るわないが、8月に所属するTAP OUTジムのコーチ=ショーン・トンプキンスを亡くしており、弔い合戦となるだけに、いつも以上に気持ちがこもったファイトを見せてくれそうだ。

■W-1 「Reloaded」主な対戦カード

<ウェルター級/5分3R>
マーカス・デイビス(米国)
ニック・オニール(米国)

<ライト級/5分3R>
ルイス・パロミーノ(米国)
ジャイムス・エジソン・ベルト(ハイチ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・マンリー(米国)
サバウ・ホマシ(米国)

<女子135ポンド/5分3R>
キム・クートゥアー(米国)
スージー・モンテーロ(米国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie