この星の格闘技を追いかける

【Challengers19】攻め続けたライアンが判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ライアン・クートゥアー(米国)
Def.判定2-0:28-28、29-28、29-28
マカ・ワトソン(米国)

さすがにベガスのファンから、大きな声援が送られる鉄人の息子ライアン。ワトソンのパンチをかわし、すぐに組みついたライアンは、バックに飛び乗る。パンチを見舞いながらリアネイキドチョークを狙い、そのまま後方に倒れ寝技に持ち込んだ。

両ワキをすくった形のライアンは、マウントに移行して肩固めへ。サイドに回って絞め続けるが、極め切れず、再びバックに戻る。残り2分、ディフェンスに徹し切るワトソンは、四の字フックから、再びマウントへ移行を試みる。

ここで立ち上がろうとしたワトソンだったが、ライアンはすぐにバックに戻り、再びマウントへ。ここで立ち上がったワトソン。前方に落とされたライアンはハイガードへ。立ち上がったワトソンが、パウンドを落としラウンドを終えたが、初回はライアンのものに。

1R終盤のパウンドで、右の額をカットしたライアンは、慎重にローを放っていく。距離が詰まると、ライアンはヒザを突き上げ、そのまま組みついてテイクダウンを奪う。初回同様、バックに回り込み、リアネイキドチョークを狙うライアン。ワトソンは手首を掴んで懸命にディフェンスする。


強引なフェイスロックは極まらないが、マウントから肩固め、さらにバックに戻ってリアネイキドチョークと、攻め続けるライアン。それでも、フィニッシュには至らない。

残り2分となり、四の字フックから体を起こし、肩固め+マウントに移行するも、体をロールしたワトソンが、トップを奪う。豪快なパウンドを落とすワトソンに対し、ライアンはクローズドガード+オーバーフックと完全に劣勢にモードに。

残り30秒、立ち上がったワトソンのパウンドで体を丸めつつあるライアンは、ここも下になってラウンド終了のホーンを聞いた。

最終回、前蹴りを見せたワトソンが、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。トップを取ったワトソンは、ライアンのキムラアームロック狙いに、立ち上がって、再びテイクダウンへ。

ライアンは、リバーサルからマウントを奪取すると、パンチを顔面に落とし、リアネイキドチョークを狙う。ワトソンが、これまでの展開と同様、ディフェンスに徹するが、喉の下に腕が回るシーンが多くなる。

マウントから肩固め、パンチを落とすライアンに対し、ワトソンは両手で顔を覆う。ライアンは再びバックに回り、リアネイキドチョークへ。マウントからエルボー、パンチを連打するライアン。最後もバックに回りあくまでもリアネイキドチョークを狙い、マウントから肩固めへ。マウント三角は逃げられたが、最後まで攻め続けたライアンが、ジャッジ一人が28-28をつけたものの、2-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie