この星の格闘技を追いかける

【ROC37】バルボーサのベルトを引き継いだのはラキンタ

2011.09.10

<ROCライト級選手権試合/5分3R>
アル・ラキンタ(米国)
Def.1R0分25秒 by TKO
ガブリエル・ミグリオリ(ブラジル)

マット・セラ門下のラキンタと、ヴィトー・シャオリン・ヒベイロ門下ミグリオリの王座決定戦。試合開始直後に、ラキンタの右ハイがミグリオリの左目の辺りをかすめる。すると、ミグリオリはそのまま腰からケージ際に崩れ込む。

左右のパンチを落とし続けるラキンタ。ミグリオリはガードを取ることもできず顔面を両手で覆うのみ。すぐにレフェリーが試合をストップ。ラキンタが、エジソン・バルボーサの返上したROCライト級のベルトをその腰に巻いた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie