この星の格闘技を追いかける

大会前日、ジナ・カラーノがチラリズム計量でパス

[photo by Tom Casino/CBS-SHOWTIME]
【写真】女子MMA発展のカギともいえるカラーノ。UFCにない色、それが女子だけに彼女にかかる期待は大きい [photo by Tom Casino/CBS-SHOWTIME]

大会を明日に控えた3日(金・現地時間)、EXC『サタデーナイト・ファイツ』の公開計量が、イベント会場となるフロリダ州サンライズのバンクアトランティックセンターで行われた。

メインに登場するキンボ・スライスとケン・シャムロック。シャムロックはライトヘビー級とほぼ変わりない体重で計量を終え、今や恒例とも言える小競り合いとなったが、そこを含め順調に計量は終了した。

いよいよ明日に迫ったEXC。公開計量でこれができるのも、ある意味プロ。すべてを含めジナ・カラーノの存在がある[photo by Tom Casino/CBS-SHOWTIME]5月のCBSライブ第一回大会で、大幅に計量オーバーとなったジナ・カラーノは、予備計量を繰り返し、バスタオルで防御壁が作られるなか、レギュレーション内の1ポンド・オーバーでパス。対戦相手のケリー・コボルトも同様に141ポンドで計量を終えた。

日本から出場する高橋洋子、対戦相手のクリスチャン・サイボーグは、ともに148ポンド契約マッチで、これも規約内の149ポンドで計量を無事通過となっている。


■EXC・CBSライブ中継『サタデーナイト・ファイツ』
試合順+計量結果は以下の通り

<メインイベント ヘビー級/5分3R>
キンボ・スライス(米国):235ポンド(106キロ)
ケン・シャムロック(米国):207ポンド(93.8キロ)

<第10試合 EXC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ジェイク・シールズ(米国):170ポンド(77.1キロ)
[挑戦者]ポール・デイリー(英国):170ポンド(77.1キロ)

<第9試合 ヘビー級/5分3R>
アンドレ・オルロフスキー(米国):241ポンド(109キロ)
ロイ・ネルソン(米国):262ポンド(118キロ)

<第8試合 女子140ポンド契約/3分3R>
ジナ・カラーノ(米国):141ポンド(63.9キロ)
ケリー・コボルト(米国):141ポンド(63.9キロ)

<第7試合 ミドル級/5分3R>
ムリーロ・ニンジャ(ブラジル):185ポンド(83.9キロ)
ベンジー・ラダッチ(米国):185ポンド(83.9キロ)

<第6試合 女子148ポンド契約/5分3R>
クリスチャン・サイボーグ(ブラジル):149ポンド(67.5キロ)
高橋洋子(日本):149ポンド(67.5キロ)

<第5試合 ライト級/5分3R>
ジェームス・エドソンベウト(米国):158ポンド(71.6キロ)
コナー・ホウ(米国):161ポンド(73キロ)

<第4試合 ライトヘビー級/5分3R>
アーロン・ローサ(米国):205ポンド(92.9キロ)
セス・ペトルゼリ(米国):205ポンド(92.9キロ)

<第3試合 ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ゴメス(米国):170ポンド(77.1キロ)
ロレンゾ・ボルゴメオ(米国):170ポンド(77.1キロ)

<第2試合 フェザー級/5分3R>
デビッド・ゴメス(米国):139ポンド(63キロ)
ブレッド・ジャコウスキ(米国):139ポンド(63キロ)

<第1試合 160ポンド契約級/5分3R>
ジョージ・ボチェット(米国):160ポンド(72.5キロ)
ニコライ・カレー(米国):160ポンド(72.5キロ)

※ポンド表記は小数点以下、四捨五入

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday