この星の格闘技を追いかける

【UFC132】最先端MMAドミニク、ユライアの攻略方法は?

Cruz5月最終週からズッファは、36日間で7つのイベント開催というハードスケジュールをこなしてきたが、いよいよ7月2日(土・現地時間)のUFC132「Cruz vs Faber」で、イベントラッシュも一旦、息をつくことになる。UFC史上初、バンタム級世界戦がメインで組まれたラスベガス、MGMグランドガーデンアリーナ大会。大会の締めでオクタゴンに足を踏み入れるのは、ユライア・フェイバーとドミニク・クルーズの二人だ。

【写真】現時点で、誰も真似をすることができないドミニク・クルーズの最先端MMAが、ユライアにも炸裂するか (C) MMAPLANET

世界王者ドミニク、挑戦者ユライア。両者は4年3ヵ月前に立場を変えて、一度対戦経験がある。2007年3月24日、ズッファによって買収されたWECがエースとして配したユライアの持つ世界フェザー級のベルトにドミニクが挑戦し、僅か98秒ギロチンで勝敗が決している。

この試合がドミニクにとって、18戦のキャリアを通じて唯一の敗北となっている。それから2戦後にバンタム級転向を果たし、WEC再デビューから5戦目にブライアン・ボーウルズを破り世界王座を奪取、2度目の防衛成功の後、初代UFC世界バンタム級王者に認定されている。

今回の対戦に関し、ドミニクは「リベンジというつもりはない。あの敗戦から、僕がいかに成長したかを証明する試合になる」と語っている。この言葉の通り、07年4月のドミニクと現在の彼は同じファイターではない。当時はオーソの構えで乱打戦のなかでスイッチを用いて、テイクダウンを狙うことはあったが、現在のような変幻自在のスタイルを身につけているわけではなかった。


オーソドックスとサウスポー、目まぐるしく構えを変えて、両方の構えから左右の蹴りをハイ、ミドル、ローと蹴り分け、パンチも顔面とボディを左右で打ち分ける。当然、ヒザ蹴りもいずれの構えから、左右を使い分けるドミニク。極め付けは、打撃の展開から軸足を変えて、シングルでもダブルでも組みついて、テイクダウンを奪える点にある。

パンチが当たらないと判断すれば、まず誰もがもう一度、後ろに下がり距離を取り直すはずだ。ドミニクも例に漏れないが、時折り、そのまま対戦相手のワキを全力で走り抜いて、裏側に移動することがある。そして、対戦相手が振りむいた時には、彼の距離になっている。

スイッチ、走り抜け、フェイント、ステップバック、小刻みな動きを5R続けることができるスタミナを持つドミニクに対し、ユライアは「動いているだけで試合を終わらせない」と辛らつな言葉を発している。その一方で、打撃を使いこなす元グラップラー系のファイターが多い日本のMMA界では、ドミニクのスタイルを否定することは、MMAの進化を否定するという意見も聞かれる。

日常の練習でも、ウィーミングアップの時からスイッチと打撃、レスリング、防御を入れたコンディショニング・トレーニングを30分も行い、スコアリングに適した独自のスタイルをMMAアライアンスのコーチ=エリック・デルフィエロと構築してきた。

唯一の気がかりは、手術を重ねる左拳の具合だ。中手骨を折り、靭帯もカット、その移植手術を今年の1月に行なってから、初めての試合がUFCのメインの大舞台となる。当然、打ち合いを避けたい、打ち合いの距離にならないことがドミニクのミッションだ。

Urijah【写真】アグレッシブをまずは封印、それが再び頂点を極めるのに欠かせないユライア・フェイバー (C) GONGKAKUTOGI

となれば、ユライアに必要なことは打ち合いに持ち込むこと。それには動き続けるドミニクに呼応し、追い続けることが不可欠だ。追い続けることを可能にするには、ドミニクが左右の構えから放つ前蹴りに対し、万全の対策を整えなければならない。

ドミニクのスイッチ戦法も、ある一定の距離がなければ効果は薄い。そして、その距離を作るのが前蹴りとローキック。ローキックは次の一手へのトランジッション的な要素が強いことを考えれば、やはり基軸となるのは軸足ではなく前足で蹴ってくるフロントキックとなる。

左右からの蹴りなので厄介ではあるが、ユライアがしっかりとドローイング、手で前蹴りを捌くことができるかが勝負の鍵を握ってくる。アグレッシブか闇雲か、判断が難しくなりつつある軽量級のカリスマだが、ここは前蹴りを誘い、ドローリング、そして自分の態勢で距離を詰めることが必要になってくる。

一見、地味な動きでユライアらしくないかもしれないが、地味な動きができてこそ、アグレッシブな面が生きてくる。アグレッシブなだけでは、それも予定調和でしかない。ユライアが、バンタム級で栄光を掴むには、ドミニクに打ち合えと口撃を仕掛けるのではなく、まずは我慢から入ることが何よりも重要になってくる。

■UFC132「Cruz VS Faber」全対戦カード

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分3R>
[王者]ドミニク・クルーズ(米国)
[挑戦者]ユライア・フェイバー(米国)

<ミドル級/5分3R>
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)
クリス・レーベン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ティト・オーティズ(米国)
ライアン・ベイダー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
カーロス・コンディット(米国)
キム・ドンヒョン(韓国)

<ライト級/5分3R>
デニス・シバー(ドイツ)
マット・ワイマン(米国)

<ライト級/5分3R>
メルビン・ギラード(米国)
シェーン・ローラー(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョージ・ソティロパロス(豪州)
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
ブライアン・ボーウルズ(米国)
水垣偉弥(日本)

<ミドル級/5分3R>
ブラッド・タヴァレス(米国)
アーロン・シンプソン(米国)

<ライト級/5分3R>
アンソニー・ンジョクアーニ(米国)
アンドレ・ウィナー(英国)

<バンタム級/5分3R>
ジェフ・ハグランド(米国)
ドニ―・ウィーカー(米国)

Round 5、UFC アルティメット・コレクター シリーズなど人気のフィギュアが日本上陸

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie