この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】ブラウン×ハワード、拮抗した勝負の行方は

2011.06.27

<ウェルター級/5分3R>
マット・ブラウン(米国)
Def.判定3-0:29-28, 29-28, 29-28
ジョン・ハワード(米国)

まずは右ローを放つハワード。ブラウンは左を伸ばすが、そこにハワードのローが蹴り込まれる。再びブラウンの右に、ローを合わせるハワード。距離が詰まると、組み合いの攻防になり、2度目の組みでブラウンがトップを奪う。

すぐに立ち上がったハワードに、ブラウンは左ジャブを伸ばし、右アッパーからヒザ蹴りを繰り出す。組みついたハワードは、ハイクラウチからリフトして尻もちをつかせるが、ブラウンもすぐに立ち上がる。

執拗にシングルでケージに押し込むハワードだが、ブラウンは首相撲からヒザ蹴り、さらに左ハイを見せる。足を払い、トップを取ったブラウンはここでダースチョークへ。ハワードは起き上がり、首を引抜くと、大きくブラウンを持ち上げてスラムで叩きつける。

サイドを取られたブラウンは、亀の態勢になりながら立ち上がると、ハワードは後方へ投げを打つ。その勢いを利用してスタンドへ戻ったブラウンが、ボディやフックを見せたところで1Rが終了した。


2R、序盤はケージ際の攻防となるが、距離をとったハワードがローを蹴り込む。すると、いきなりテイクダウン狙いで飛び込んだブラウンだが、ハワードはバービーからバックへ回り込もうとする。胸を合わせて立ち上がったブラウンに、ハワードはシングルでケージに押し込む。

ブラウンのギロチンをダブルレッグで逃れたハワードだが、スタンドの攻防でムエタイ流の体捌きで崩され、ガードを強いられる。ハーフガードからワキを差したいハードだが、差し返したブラウンは、上体を制して抑え込んでいく。ヒザ十字狙いのハワード、足を畳んで腰の捻りを殺したブラウンがパスへ、再び足関節を仕掛けたハワードは、体を捩じって逃げようとしたブラウンのバックを取り、トップへ。

ブラウンはオモプラッタで肩を極めようとするが、ハワードが腕を引きぬいたところで、ラウンド終了のホーンが鳴り響いた。最終回、いきなり右ハイを見せたハワード。距離を取ったブラウンがサークリングを駆使し、距離を詰めることができない。ここでブラウンがダブルレッグダイブでテイクダウンを奪うが、立ち上がったハワードがギロチン、がぶりからバックへ回り込む。

立ち上がったブラウンは胸を合わせたいが、ハワードのハーフバックがこれを拒む。ならばとアームロックを狙うブラウンだが、動きにキレがなくハワードのパワーに押し切られそうな展開が続く。

ブラウンの左足を抱えるハワードだが、力を使い過ぎたのか動きが止まり、ブラウンのヒザを受ける。ここにきてジャブで牽制するブラウン。しかし、その効果はなくハワードにテイクダウンを許す。後方に崩したハワードだが、簡単に背中をマットにつけたブラウンは、体を起こしてエルボーからアームロックへ。

ハワードも相当、消耗しており動きがスローながら、トップをキープする。ハーフからキムラを狙ったハワード。ここでタイプアップとなり両者が健闘を称えあった。結果、ジャッジ3者が29-28でブラウンを支持し、拮抗した勝負で判定勝ちを得た。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie