この星の格闘技を追いかける

【WSOF09】モラエス、圧倒的な力の差を見せつけてバンタム級王者に

Moraes def Rettinghouse

【写真】強烈なローキックを入れ続けたモラエスは、最後まで慎重に戦い切った(C)MMAPLANET

<WSOF世界バンタム級王座決定戦/5分5R>
マルロン・モラエス(ブラジル)
Def.3-0:50-44、50-44、50-44
ジョシュ・レティングハウス(米国)

強烈な右ローを見せるモラエス。レティングハウスのミドルをブロックして左フックを合わせ、いきなりレティングハウスにしりもちをつかせる。タックルで組みつくレティングハウスに対してモラエスはアッパーを連打。バックをうかがいつつ、レティングハウスがシングルを狙うと足を抜いて立ち上がる。試合がスタンドに戻るとモラエスが右ストレートで飛び込んで返しの左フック。下がるレティングハウスにアッパーを突き上げる。タックルでしがみつくレティングハウス、モラエスは後ろに回り込んでバックチョークを狙う。レティングハウスもモラエスの足を取ってダブルレッグで押し込み、しりもちをつかせる。モラエスは足関節を狙って立ち上がり、レティングハウスが飛び込んでくるところに右アッパー。レティングハウスが左ミドルと右ローを見せると、モラエスはバックスピンキックを繰り出す。

2R、モラエスがジャブと左ミドル。レティングハウスのミドルをブロック、そのまま蹴り足を流して左フックを合わせる。さらにレティングハウスの左の蹴りに右フックを返すモラエス。サークリングしながら右ローを蹴る。レティングハウスもパンチと前蹴り、構えをスイッチしながらサイドキック。ダブルレッグでテイクダウンを狙うが、モラエスは倒れない。終盤、モラエスの左がレティングハウスの顔面をとらえてスリップするが、立ち上がったレティングハウスは両手を広げてダメージがないことをアピールする。

3R、左ミドルを蹴り合う両者。レティングハウスがタックルでテイクダウンを狙い、モラエスは鋭いジャブを当てる。モラエスが強烈な右ローを蹴り込むと、体が流れるレティングハウス。モラエスは細かくパンチのフェイントを入れて右ローにつなげ、レティングハウスの表情が歪む。構えをスイッチして前に出るレティングハウスだが、そこにモラエスが左フックを合わせる。さらにモラエスはレティングハウスの左足にローを集め、重い右ロー。レティングハウスは自分の手で左足をかばう仕草も見せる。そこにモラエスは容赦なく右ローを連打。これでレティングハウスが崩れ落ち、何とかモラエスにしがみつくが、モラエスはパンチを連打。レティングハウスが亀になるとボディにヒザを突き刺し、フロントチョークでフィニッシュを狙った。

4R開始直後、モラエスの右ローでレティングハウスは苦悶の表情。タックルでテイクダウンを狙いつつ、自らマットに寝てモラエスをグラウンドに誘う。一度は足関節を仕掛けたレティングハウスだったが、モラエスはすぐに距離を取り、レティングハウスを立ち上がらせる。パンチのプレッシャーをかけてローを蹴るモラエス。レティングハウスは蹴り足を取ってテイクダウンを狙い、再びグラウンドに誘い込むがモラエスは付き合わない。スタンドで右ローを蹴るレティングハウス、足首を痛めたような動きを見せて引き込む。すぐに立たせるモラエスはジャブを当てつつ右ロー。レティングハウスのタックルを切って、右フックを叩き込む。

5R、サウスポーにスイッチして組みつくレティングハウス。モラエスは突き放してアッパーを突き上げる。レティングハウスは果敢にパンチから左ハイキックを繰り出すが、クリーンヒットはない。モラエスもサークリングしながらジャブを当てて深追いはしない。残り2分過ぎ、モラエスの右ロー2発でレティングハウスがバランスを崩すがすぐに立ち上がる。ジャンピングハイキックからそのままマットに寝てグラウンドに誘うレティングハウス。立たせたモラエスは右ボディを叩き込むと、ジャンプして回転しながらハイキック。最後はダブルレッグでテイクダウンまで奪ってみせる。

判定は当然のようにモラエス。一本・KOにこそならなかったものの、実力差を見せつけるような試合でWSOFバンタム級王者のベルトを手に入れた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie