この星の格闘技を追いかける

【WEC46】タウロセビュチス“総合”力で上回る

2010.01.13

(C) ZUFFA■第6試合 フェザー級/5分3R
デヴィダス・タウロセビュチス(リトアニア)
Def.3R終了/判定
マッケンズ・シマージャー(米国)

【写真】まさに“総合”力を競う好勝負となったフェザー級の一戦は、タウロセビュチスが判定勝ちを挙げた (C) ZUFFA

打撃戦を仕掛けると思いきや、いきなりダブルレッグからリフトでテイクダウンを奪ったタウロセビュチス。シマージャーのギロチンを防ぐと、立ち上がってロー、飛び込んで片足担ぎからパスに成功すると、こめかみにエルボーを落としていくも、三角絞めを仕掛けたシマージャーは、タロセビュチスが胸を張って対応したのを利用し立ち上がる。


重い蹴りから、組みついてまたも豪快にシマージャーを投げ捨てるタウロセビュチスは、IFL時代とは明らかに違う、総合力を身につけている。ここでシマージャーがクローズドを取ると、動きが少なくなりブレイクが命じられた。

ケージ中央で再開も、すぐにタウロセビュチスがシングルレッグを仕掛け、シマージャーをケージに押し込んだところで1Rが終了。打撃系と見られたタウロセビュチスが、テイクダウンで初回をリードした。

勢いのある右ハイから、二ーを見せたシマージャーだが、組みついたところでタウロセビュチスに倒される。すぐに立ち上がったシマージャーがアームロックを狙うと、タウロセビュチスは後方回転からサイド、そのままバックへ。シマージャーは腹這いに叩きつけられるが、直後に前方回転からガードを取りトライアングルを仕掛ける。

すぐに察知したタウロセビュチスは、一旦距離を取りパウンドを落とす。ガードを取りながら、腰を何度も切るシマージャーに細かいエルボー&パウンドを落としつつ、タウロセビュチスはパスを狙い続ける。

シマージャーも足をきかせ、ヒザ十字にトライしたが、体を捩じり防御したタウロセビュチスが逆にパスからサイドを奪取する。アグレッシブなグラウンドの攻防にも、場内からはブーイングが送られる中、試合は最終ラウンドへ。

サイドキックを見せたタウロセビュチスは、シマージャーの蹴り足を掴みテイクダウンへ。シマージャーはギロチンで切り返すが、これを防がれ再びシングルで押し込まれると、今度はアナコンダで反撃に転じる。直後に首から腕にターゲットを変更し、アームロックから後方回転でサイドを取ろうとしたシマージャーに対し、タウロセビュチスは一瞬の隙をつきヒールを仕掛ける。

体をツイストしてトップを奪ったシマージャーがボディにパウンドを落とす。足を絡めて、顔面に拳が届かないようにガードを取るタウロセビュチスだが、シマージャーはパスを狙いながら勢いのある鉄槌を連打する。

なんとかハーフガードでシマージャーの攻勢を止めたタウロセビュチスは、シングルを仕掛けるもギロチンに捉えられてしまう。残り試合時間15秒を切り、首を引き抜いたタウロセビュチスがトップからパウンドを落としたところでタイムアップ。打・倒・ポジション・極という流れが見られ、MMAでなく総合格闘技と称したくなる好勝負は、三者が29-28のスコアをつけ、タウロセビュチスが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie