この星の格闘技を追いかける

【WEC44】ダラベジャン、元王者マッカラーに判定勝利

2009.11.19

Darabedyan■第8試合 ライト級/5分3R
カレン・ダラベジャン(米国)
Def.3R終了/判定2-1[30-27、27-30、29-28]
ロブ・マッカラー(米国)

【写真】22歳のダラベジャンが元世界王者マッカラーを下す。マッカラーを相手に打ち負けず、しっかりとテイクダウンを奪ったのは大したもの (C) MMAPLANET

オーソドックスに構える両者は、開始早々から素早いパンチの交換。徐々に距離が詰まると、互いにインロー、ローを繰り出していった。また、ダラベジャンはパンチの連打から、スイッチして、再びパンチの連打で前進するなど、独特の動きを盛り込む。

一方、スタンスの広いダラべジャンに、インロー、ローを叩き込むマッカラーは、なおもプレッシャーをかけてくる相手に、ワンツーから左ミドルを放つ。負けじとダラベジャンも、マッカラーのローに左ジャブを合わせ、残り30秒では、ジャブの連打からワンツーをその顔面に叩き込んだ。


2R、前に出てジャブを伸ばす元ライト級王者マッカラーに、虚を付いたダブルレッグでテイクダウンを奪ったダラベジャンは、ガードからパウンド&エルボー。盟友マニー・ガンバーリャンばりの足関節を狙ったが、これはすっぽ抜けてしまう。

スタンドに戻ると、ロー、ジャブを放つマッカラーに、パンチをまとめてくるダラベジャンは、パンチの精度では上をいく。それでも、パンチからミドルと足を絡めてくるマッカラーは、ミドルの連打から強烈なロー&パンチ。ダラベジャンはサークリングで距離をとり、ダメージを最小限に抑えた。

残り20秒では、ジャブから左アッパーまで繋げたダラベジャン。マッカラーも前蹴りを見せたが、ここで2Rが終了。3R、手数は減りながらも、ジャブ、ローを叩き込むマッカラーに、ダラベジャンはパンチからタックルへ。だが、試合終盤ながらも、この動きに見事な反応をみせたマッカラーは、差し返してテイクダウンは許さず、再びスタンド戦へと戻した。

被弾はしながらも、ジャブ、インローを多用するマッカラー。ダラベジャンも時折パンチを返すが、何かを狙っているのか、疲れからくるものなのか、その手数は明らかに減っている。終盤、勢いを増すマッカラーは、前足のロー、ミドル。残り15秒を切ったところでは「コイ、コイ」と挑発したが、前半の貯金が効いたのか、判定の結果は2-1のスプリットでダラベジャンに軍配があがった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie