この星の格闘技を追いかける

【UFN142】ギアゴスにテイクダウンを許し続けた廣田、UFC3連敗に……

<ライト級/5分3R>
クリストス・ギアゴス(米国)
Def.3-0:29-27.30-28.29-28
廣田瑞人(日本)

右を振って前に出て来るギアゴス。ステップバックでかわした廣田に対し、右から左フックで再び前に出ると、ここも廣田はかわす。スイッチから左ミドルを当てたギアゴスは、続いて右をヒットさせる。これが効いた廣田は直後の打撃の交換からシングルレッグでテイクダウンを奪われ、背中をマットにつかされる。蹴り上げから立ち上がろうとしたところで殴られた廣田は、それでもケージを使って立ち上がることに成功する。

廣田はフックにダブルレッグを合わされ、ギロチンも頭を抜かれて再びガードを強いられる。蹴り上げから足関節を仕掛けつつ立ち上がった廣田だが、初回は落とした。

2R、ワンツーフックを振るった廣田は、直後にギアゴスのダブルレッグでテイクダウンを許す。ギアゴスは左右のエルボーを入れパスの圧力を強め、廣田は必死に足を利かせる。左右のパウンドを振り落すギアゴス、廣田は少しでも早く立ち上がりたい。ケージ際に移行し、廣田がクローズドガードを解いてスクランブルへ。

一度は起き上がった廣田だが、ハイクロッチですぐに倒される。残り1分、廣田のスイープ狙いは遮断されるも、上体を起こして立ち上がる。右ストレート、ヒザを2発入れた廣田、ギアゴスが右を返したところでタイムアップに。

最終回、ワンツーを放ち、右ボディフックをヒットさせた廣田はギアゴスのテイクダウン狙いを切り返して上を取りサイドを取る。ケージを蹴ったギアゴスが、その勢いで上を取り返す。スクランブルから立ち上がった廣田、ギアゴスの次の手がダブルレッグでテイクダウンを取られる。アンクルピックで背中をつかせたギアゴスに対し、廣田は頭部にエルボーを落としつつ立ち上がり胸を合わせる。左腕を差し、テイクダウンを潰した廣田はフックを強振する。

執拗なギアゴスのテイクダウンを切り、直後の仕掛けに倒されるも廣田は即立ち上がった。右フックが大きくなり、組みつかれてバックを許した廣田はギアゴスのアタックを潰しトップ、そしてマウントを奪取する。背中に腕を回したギアゴスは大きなパンチを受けることなくタイムアップを迎え、廣田は判定負けで3連敗となってしまった。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday