この星の格闘技を追いかける

【UFC230】コンテンダーシリーズ出身のフレヴォラが硬軟自在なファイトを展開もバンナータと痛み分け

<ライト級/5分3R>
マット・フレヴォラ(米国)
Draw.1-0:29-28.28-28.28-28
ランド・バンナータ(米国)

左の蹴りを繰り出すバンナータに対し、フレヴォラも飛び込むように右ミドルハイを見せる。バンナータは後ろ回し蹴り、右に回ったフレヴォラがローを返して右を当てる。蹴りからシングルに出たバンナータが右ハイキックを蹴り込み、フレヴォラが後方に倒れる。すぐに起き上がってパンチを返すフレヴォラは、マウスピースを落としており試合が一旦中断する。再開後、持ち直したフレヴォラは右ストレートを逆にヒットさせる。さらに力強いローを決めたフレヴォラに対し、バンナータも距離を詰めて右を放っていく。右ミドルを入れたフレヴォラは、右を当ててバンナータの姿勢を乱させるなど、徐々に形勢を逆転していく。

右エルボーも決めたフレヴォラは、コンテンダーシリーズ出身者らしく常にアグレッシブな姿勢で戦い右フックを入れると、下がったバンナータに飛びヒザを入れる。たまらず組んできたバンナータを反り投げのように投げ捨て、起き上がったところにギロチンから後方回転しマウントを奪ったフレヴォラが、完全に流れを掴んだ終盤となった。

2R、後ろ回し蹴りからミドルを放つフレヴォラだが、バンナータの右フックから前蹴りを顔面に突き上げられ、さらに右フックを2発受けて尻餅をつく。立ち上がってパンチを返すフレヴォラは続けて左ボディフック、右フックを被弾する。ここでダブルレッグに出たフレヴォラだが、テイクダウンは奪えない。ケージ際を回るフレヴォラは後ろ回し蹴りも受けそうになる。

厳しい展開が続くフレヴォラに対し、バンナータも攻め急がない。とフレヴォラは相打ちのタイミングでパンチを打つようになり、パンチから左ミドルにつなげる。また持ち直したフレヴォラだが、初回のように形勢逆転とはならず、ダブルレッグを再び切られる。残り15秒でダブルレッグに出たフレヴォラをギロチンで抱えたバンナータが、ラウンドを取り返した。

最終回、頭を振って前に出るフレヴォラ。蹴りで突き放そうとするバンナータ。フレヴォラはやや重心が高くなっているが、思い切り手打ちのパンチを振り回す。シングルに取られ左右のフックを打ち込んだフレヴォラに対し、バンナータは足を離して距離を取り直す。狙いにいき手数が少なくなったバンナータに対し、フレヴォラの方がアクションは多い。

そのフレヴォラもさすがに慎重な戦いとなり、後ろ回し蹴り終わりで右フックを振るっていく。右アッパーにダブルレッグを合わせたフレヴォラ。バンナータが前転してスクランブルに持ち込み試合はスタンドに戻る。この回はパンチを被弾しないで戦うフレヴォラが最後に右ストレートを当てると、間合いを外してタイムアップを待った。

徹底したアグレッシブなファイトから、最終回は一転してポイントアウトに徹したフレヴォラが29-28で勝利を得たと思いきや、ジャッジ2人は28-28をつけ痛み分けという結果となった。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY