この星の格闘技を追いかける

【Bellator207】ウェルター級ワールドGP補欠戦は、ラーキンが代役出場のパスクを下す

<ウェルター級GP補欠戦/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
Def.3-0:29-29.29-28.29-28
イオン・パスク(ルーマニア)

エリッキ・シウバの代役で急遽出場となったサウスポーのパスクに対し、素早い左ジャブを見せるラーキン。前に出てワンツーからハイを繰り出す。パスクはダブルレッグからバックに回ろうとし、正面を向いたラーキンをケージに押し込む。離れたラーキンは右ストレートを当て、左右の前蹴りを繰り出す。組んだパスクに対し、ラーキンがワキを差し返し左ヒザをボディに突き刺す。

離れたパスクの顔面に右前蹴りを届かせたラーキンは右を当てて、左フックをヒット。さらに右ミドルを蹴り込む。左ローを蹴るが、プレッシャーに晒されたパスクの蹴りが急所に入る。そのまま戦い続けたラーキンは、低い姿勢からのワンツーを受けそうになったが前蹴りで突き放す。直後のシングルにも、体を反転させて足を抜いたラーキンが右を入れてスイッチを見せたところで初回が終わった。

2R、パンチを振るいながら組んでいったパスクだが、テイクダウンを奪えない。サウスポーに構えたラーキンは勢いのある左ローを2発入れる。パスクも左オーバーハンドを振るって前に出るも、ラーキンは左ローを続け右ジャブを当てていく。オーソに戻したラーキンが右の飛びヒザ、さらに左ジャブから右ストレートを伸ばす。スイッチし左ハイキックも、これは狙い過ぎ。すかさずダブルで組みにいくパスクも、その動きが見破られている。

体を入れ替えてから、離れたラーキンに対しパスクが前に出ようとするが、気が付けばケージに追い込まれている。ラーキンのミドルをキャッチしたパスクだが、右アッパーを被弾し逆に腰が落ちてしまう。同時にラーキンもバランスを崩したので、パスクが組んでいったが、ケージに押し込むまででテイクダウンは取れなかった。

最終回、右前蹴りを入れたラーキン。パスクは蹴りも織り交ぜて、パンチ&テイクダウンを試みる。真っ直ぐ前に出て来るパスクに、体をスライドさせてヒジをパーキンが狙う。左ミドル、右フックを放ったラーキンに対し、逆転にはビッグショットが必要なパスクは手数が少ない。右ジャブ、右フック、左アッパー、さらにスピニングバックキックをボディに突き刺したラーキンだったが、ここでシングルレッグにより初めてテイクダウンを奪われる。

ハーフでパンチを落とすパスクに残された時間は2分だ。ラーキンはフルガードに戻し時間の経過を待つ──と思いきや、腰を切って腕十字を仕掛ける。対応したパスクは足を一本抜き、小さな左のパンチを連打する。ラーキンはクローズに脅すと、パスクは最後にストレートフットロックへ。起き上がって足を抜いたラーキンがパンチを見せてタイムアップに。

2Rを先行したラーキンが、ジャッジ3者が29-28でラーキンを支持。「初めてルーマニア人選手と戦ったけど。ショートノーティスで試合を受けたけど、タフだった。全力で戦った。9カ月間、試合から遠ざかっていたけど、ここからはリングタイムだ」とラーキンはワールドGPへの参入への気持ちを口にした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY